若者の「洋楽離れ」は本当か? その実態を90年代から振り返る

若者の洋楽離れが進んでいるといわれます。その実態とはどのようなものでしょうか。東京の音楽シーンの変遷について、音楽ライターの高橋美穂さんが考察します。


その実態は?

 若者の洋楽離れが指摘されて久しい現在。一般社団法人日本レコード協会のデータによると、オーディオレコード(CDやアナログディスク、カセットテープなどの物理的なメディア)全体の生産実績における邦楽と洋楽の比率は、2009年に邦楽78%、洋楽22%だったのに対し、2018年は邦楽88%、洋楽12%となっています。

 10年前から邦楽が優勢でしたが、確かに、洋楽が占める割合が下がっていることは否めません。

若者の洋楽離れが進んでいる?(画像:写真AC)

 とはいえ、オーディオレコード自体の生産や売り上げが下がっているので、このデータですべてを判断することはできません。

 同じく、一般社団法人日本レコード協会のデータによると、オーディオレコード全体の生産実績の数量は、2009年の約2億1433万枚に対し、2018年は約1億3934万枚。およそ10年間でオーディオレコードの生産量は約半数近く減っています。

 その一方で、YouTubeで音楽を発掘したり、ストリーミング・サービスを愛用したりする人は急増しました。オーディオレコードしかなかった時代に比べて、洋楽はずっと触れやすいものになっているといえるでしょう。

 それも相まって、音楽を「邦楽」「洋楽」で括ることはもはやナンセンスではないだろうか?というのが、音楽ライターである近年の筆者の考えです。ここに関しては、後に触れます。

フェスが洋楽への扉を開いた

 邦楽と洋楽との関係性についてさかのぼればきりがないですが、筆者がリアルタイムで体感した1990年代から書いていきたいと思います。

 ミリオン・ヒットが連発されていた当時、学生だった筆者の周りの友人たちは、ほとんどが邦楽を中心に聴いていました。現在と比べれば、洋楽の売り上げもずば抜けていたのですが、邦楽の方がポピュラーな存在であったことは確かです。

 そんな状況を、(かなりざっくり言うと)「洋楽ってクール!」と思わせるような印象にもっていったのは、1990年代末から増えていったフェスの影響が大きいでしょう。1997年には「フジロック・フェスティバル」が、2000年には「サマーソニック」が始まりました。

 海外アーティストの単独公演に払うチケット代にいくらか足すと、多くの海外アーティストを観られるフェス。それは、若い世代に洋楽への扉を広く開いたと思います。

 そしてフェスは「ライブを観る場所」以上の、ファッションやカルチャーも含めたイベントとして定着し、コアな音楽ファン以外も集うようになりました。

 ほぼ時期を同じくして、邦楽アーティストを中心としたフェスも、たくさん生まれました。

 フジロックやサマーソニックにも初回から邦楽アーティストは出演していましたが、「ライジング・サン・ロックフェスティバル」(北海道)、「アラバキ・ロックフェス」(宮城県)、「ロック・イン・ジャパン・フェスティバル」(茨城県)、「ラッシュボール」(大阪府)、「モンスターバッシュ」(香川県)、「スカイ・ジャンボリー」(長崎県)など、邦楽アーティストのみが出演するフェスが全国区に広がったことで、邦楽はさらに盛り上がっていきました。

音楽シーンのボーダレス化が進む


【写真】ロックな名言が心に刺さる!「NO MUSIC, NO LIFE.」ポスター最新版

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2019/06/190624_yogkau_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/06/190624_yogkau_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/06/190624_yogkau_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/06/190624_yogkau_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/06/190624_yogkau_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/06/190624_yogkau_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/06/190624_yogkau_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/06/190624_yogkau_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/06/190624_yogaku_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/06/190624_yogkau_02-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画