三井・三菱は男爵止まりも 渋沢栄一だけがワンランク上の子爵になれたワケ【青天を衝け 序説】

“日本資本主義の父”で、新1万円札の顔としても注目される渋沢栄一が活躍するNHK大河ドラマ「青天を衝け」。そんな同作をより楽しめる豆知識を、フリーランスライターの小川裕夫さんが紹介します。


後半生は資本主義に遠い存在だった渋沢

 2020年は、日本全土が新型コロナウイルスに震撼(しんかん)した1年でした。緊急事態宣言が発出されたことで、1年を通じて放送される大河ドラマ「麒麟(きりん)がくる」もスケジュール変更を余儀なくされ、年をまたいで放送されるという異例の事態になっています。

 その影響で、2021年の大河ドラマ「青天を衝け」は2月14日(日)からのスタートになりました。

「青天を衝け」の主人公・渋沢栄一は埼玉県の血洗島(現・深谷市)の出身で、徳川慶喜に仕えます。慶喜の弟である昭武がパリ万博(1867年)に派遣されるのに随行し、渋沢もパリに渡りました。長いパリ滞在で、渋沢は日本とは違う文化・経済・政治に大きな刺激を受けました。そして、それが帰国後に大いに役立ちます。

 渋沢は設立・経営・支援など生涯で500もの企業に関わりました。そのため、現在は資本主義の父と呼ばれます。しかし、1916(大正5)年に第一銀行(現・みずほ銀行)の経営から退き、以降は福祉・医療・教育といった非営利事業に傾注しました。

 渋沢の前半生は実業家であり、まさに資本主義をけん引するような活動が主になっていました。他方、後半生は非営利事業に奔走して資本主義は遠い存在だったのです。

生活困窮者支援などにも注力

 近年、渋沢の業績は見直されることが増え、単なる実業家ではないという見方が強まっています。特に後半生、つまり渋沢が傾注した福祉・医療・教育といった非営利分野が注目されているのです。

渋沢栄一(画像:深谷市、日本経済新聞社)

 長らく資本主義の父というイメージで語られてきたこともあり、渋沢と聞いても福祉・医療・教育のイメージを抱くことは難しいかもしれません。

 しかし、渋沢は難病や生活困窮者を支援する東京養育院(現・東京都健康長寿医療センター)の院長を長らく務めただけではなく、東京慈恵会や済生会などといった病院の設立・運営にも協力を惜しみませんでした。

 渋沢は2024年に改刷される新1万円札の顔になりますが、同じく新1000円札の顔になる北里柴三郎とも縁があります。北里が理事長だった日本結核予防協会の運営にも協力をしているのです。

 渋沢の非営利事業への関わりは、そのほかにも非行少年の更生・社会復帰施設として井之頭学校を立ち上げたほか、商業教育を普及させるために東京高等商業学校(現・一橋大学)、女子教育を充実させるために日本女子大学校(現・日本女子大学)、技術者を養成するために工手学校(現・工学院大学)、科学振興のために理化学研究所など、幅広い分野に及んでいます。

 埼玉県出身の渋沢は、同じく埼玉県出身だった林学者・本多静六に請われて埼玉県出身者の進学をサポートする埼玉学生誘掖会にも協力。晩年には、民間外交使節団を率いて諸外国との国際親善・交流にも力を入れました。

明治政府に疎まれた実業家


【画像】渋沢が院長を務めた「旧東京養育院」を見る

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/02/210203_shibusawa_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/02/210203_shibusawa_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/02/210203_shibusawa_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/02/210203_shibusawa_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/02/210203_shibusawa_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/02/210203_shibusawa_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/02/210203_shibusawa_03-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画