今ではすっかりメジャーなバンジージャンプ 都内初上陸はいつだった?

いまではメジャーな遊びとなったバンジージャンプですが、いつごろ日本に、そして東京に広まったのでしょうか。ルポライターの昼間たかしさんが解説します。


全ては1990年9月から始まった

 やる気や勇気を見せたいときの最良の方法――それはバンジージャンプだと、筆者(昼間たかし。ルポライター)は確信しています。きっと、落下しながら叫ぶくらいの力があれば、たいていのことはうまくいくでしょう。

 いまでは都内をはじめ全国各地に常設されているバンジージャンプですが、広まった理由は「本当に命を張っている遊び」と思われていたからです。

バンジージャンプのイメージ(画像:写真AC)

 バンジージャンプの起源は、バヌアツ共和国ニューヘブリディーズ諸島にあるペンテコスト島での儀式とされています。それが日本に初めて紹介されたのは、1990年(平成2)9月のことでした。

 この年、リクルート(現リクルートライフスタイル)が発行していた海外旅行情報誌『エイビーロード』は、ひと味違う体験を誌面を宣伝するため、新たなCMを企画します。その白羽の矢が立ったのが、オーストラリアで楽しまれていたバンジージャンプでした。

 同年9月9日から始まったテレビCMは「バンジージャンプ編(15秒)」と「バンジージャンプ・ラクダ編(30秒)」の2本。誰も見たことのない絶叫アトラクションは、一気に話題になります。

 しかし、このテレビCMはわずか4日間で打ち切られてしまいました。

 というのも、オーストラリアで1989年のミスオーストラリアがバンジージャンプに挑戦したところ、水面に激突して大けがをする事故が発生。CMの撮影地とは別の場所での出来事でしたが「危険な遊びを勧めているような印象を視聴者に与えかねない」と放送中止になってしまったのです。

 しかしわずか4日間のテレビCMが与えたインパクトは大きく、存在を印象づけたのでした。

当初はパフォーマーありきのイベント


【画像】世界でも数少ない100m級バンジーができる茨城県の竜神大吊橋を見る

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2020/05/200505_bungee_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/05/200505_bungee_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/05/200505_bungee_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/05/200505_bungee_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/05/200505_bungee_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/05/200505_bungee_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/05/200505_bungee_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/05/200505_bungee_05-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画