パンプス嫌いの私が、興味本位で外反母趾用シューズを履いてみた結果

女性の靴を取り巻く状況が変わりつつある現在、パンプス嫌いなライターの秋山悠紀さんが、あるブランドの新作展示会に足を運びました。いったいどのような靴があったのでしょうか。


「外反母趾」とはそもそも何か

 総務省が2019年7月30日(火)に発表した労働力調査によると、前月6月の女性就業者は3003万人と、調査を開始した1953(昭和28)年以来初めて3000万人を突破したことがわかりました。専業主婦世帯も年々減少しており、厚労省の調査では、共働き世帯の割合は2016年時点で専業主婦世帯の約2倍となっています。

 雇用形態に関わらず、女性の社会進出が進むことは多様な生き方や働き方が広がったということ。しかし一方で、さまざまな問題が起こっています。たとえば、仕事で履くヒールやパンプスによっておこる外反母趾(がいはんぼし)は、働く女性の多くが持つ悩みのひとつとして有名です。

ヒールやパンプスなどによっておこる外反母趾のイメージ(画像:写真AC)

 外反母趾とは、足の親指が変形することで付け根部分が飛び出し、人差し指側に曲がってしまう症状です。飛び出した部分に靴が当たるだけで痛みや炎症が生じ、酷くなると靴を履いていない状態でも痛みを感じるように。軽度であればギプス矯正で治りますが、重度であれば骨を切る手術によって治療することもあるのです。

 体質のほか、ヒールやパンプスなど、幅が狭くつま先の尖った靴を履くことで生じる外反母趾。もともとは欧米人に多かった症例でしたが、近年は日本人にも増えていると言われています。実際に、 靴メーカーのムーンスター(福岡県久留米市)が全国の50代から70代までの女性2249人を対象にしたアンケートで、その症状に悩む女性は30%にのぼりました。

 しかし、外反母趾の「予備軍」はもっと多いとされており、無自覚のまま放置することの危険性も指摘されています。これは、特に自分の足に合わない靴を履きがちな若年層によく見られるのだとか。

 そのため日本靴医学会(千代田区一ツ橋)は、「親指の付け根が内側に出っ張っている」「親指の付け根が腫れて赤くなっている」など12項目のうち、2項目に当てはまったら足や靴専門の医師に相談するよう注意喚起しています。

近年続々登場する外反母趾を意識した女性用シューズ


【アンケート結果】靴の所有数は3~5足、6~10足がボリュームゾーン 購入タイミングは「靴が傷んできたとき」が8割強だった!

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2019/09/190918_boshi_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/09/190918_boshi_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/09/190918_boshi_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/09/190918_boshi_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/09/190918_boshi_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/09/190918_boshi_04-150x150.jpg

New Article

新着記事