なぜ渋谷には「車椅子の人」がいないのか? 分身ロボット開発者が突きつける「孤独」という名の社会病理

障害で外出困難な人たちがロボットを使ってカフェの店員として働く、「分身ロボットカフェDAWN Ver.β」をライターの秋山悠紀さんが訪問。そこで学んだものとは。


外出困難な人たちが遠隔でカフェの店員に

 難病や重度障害で外出困難な人たちが自身の代わりとなるロボットを遠隔操作し、店員として働くカフェがあります。しかも場所は、渋谷のスクランブル交差点の目の前。一体どんなカフェなのでしょうか。

 カフェの名前は「分身ロボットカフェDAWN Ver.β(ドーン・バージョン・ベータ)」。2020年1月16日(木)から1月24日(金)までの期間限定で、スクランブル交差点の目の前にある渋谷「QFRONT」(渋谷区宇田川町)7階のブック&カフェ「WIRED TOKYO 1999」内でオープンしています。

 オリィ研究所(港区芝)が開発を手掛ける分身ロボット「OriHime(オリヒメ)」が、カフェのサービススタッフとして実際に働く試み。分身ロボットカフェを使った取り組み自体は、これまで日本財団ビル(港区赤坂)や「3×3 Lab Future」(千代田区大手町)など、クローズドな条件で実験的に行われてきました。

 今回は渋谷スクランブル交差点の目の前にあるカフェで、より大勢の人たちや渋谷の若者に開かれた格好となっています。

プレス体験会で登壇するオリィ研究所共同創設者 代表取締役所長の吉藤オリィさん(画像:秋山悠紀)

 1月16日(木)に行われたプレス向け体験会では、オリィ研究所の共同創設者 代表取締役所長、吉藤オリィさんが開催意図を説明。自身も体が弱く3年半の不登校を経験し、“孤独の解消”の必要性を強く感じてきたといいます。テクノロジーによって孤独の要因となる「移動」「対話」「役割」の障害を取り除くことを目指し、「OriHime」の開発を進めてきました。

「身体至上主義」が孤独を助長する


【調査結果】これが現実。日本の「孤独死」の実情

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2020/01/200117_robot_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/01/200117_robot_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/01/200117_robot_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/01/200117_robot_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/01/200117_robot_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/01/200117_robot_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/01/200117_robot_11-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/01/200117_robot_12-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/01/200117_robot_13-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/01/200117_robot_14-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/01/200117_robot_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/01/200117_robot_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/01/200117_robot_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/01/200117_robot_04-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画