かつて、クルマを持たない男性は「モテなかった」 バブル期の狂乱、当時の東京は幸せだったのか

1980年代から1990年代にかけて、クルマは若者の必需品でした。その背景にはいったいどのようなことがあったのでしょうか。フリーライターの大居候さんが解説します。


クルマがなければ始まらなかった時代

 小池百合子都知事は2020年12月、ガソリン車の販売を2030年までに廃止し、ハイブリッド車や電気自動車などに切り替える方針を表明しました。

 時代はエコ。街を走るクルマを眺めても、燃費や荷物の積みやすさなど、コストパフォーマンスを重視した車種が人気です。たまに見かける車道楽な人も、羨望(せんぼう)のまなざしで見られることは少ないかもしれません。

 かつての若者の必需品はクルマでした。メディアも当たり前のように、

・車 = クルマ

と片仮名で表記していた時代です。

1980年代のクルマのイメージ(画像:写真AC)

 中でも1980年代のバブル景気から1990年代初頭までは、男女交際にクルマは必須で、親密度をアップさせる重要なアイテムと考えられていました。本当に親密度が増すかどうかはさておき、とにかくクルマがなければ始まらなかったのです。

女子大生の26%が「クルマ必須」

 若年男性向け情報誌『スコラ』1988年1月28日号に掲載された調査では、女子大生200人にアンケートしたところ、男性を気に入る時の条件として、26%がクルマを持っていることを上げています。すなわちクルマを持っていなかったら、

「4回に1回は、無条件で振られる」

ということになります。

 もちろんクルマが重視されたのは、当時話題だったデートスポットが公共交通機関の未発達な東京湾岸に広がっていた理由もあります。

 当時発行されたデートのマニュアル本『東京クルージング・デートブック』(1989年、講談社)のオビには、

・クルマを飛ばしてアーバンからサバーバンを元気いっぱい遊びまくろう!
・ダッシュボードに常備のスーパー・デートバイブル

と書いてあります。

『東京クルージング・デートブック』(画像:講談社)

 こうしたコピーからもわかるように、当時はマニュアル本を買うにも、まずクルマが必須だったのです。なお、サバーバンとは「郊外」を意味します。

トレンディースポットが湾岸に次々と誕生


【調査結果】カーシェア利用者「自家用車の保有状況」を見る

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/04/210426_car_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/210426_car_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/210426_car_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/210426_car_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/210426_car_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/210426_car_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/210426_car_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/210426_car_04-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画