高さはなんと1.6~1.7m! 港区「提灯殺しのガード」が低すぎるワケ

鉄道ファンにおなじみの港区「提灯殺しのガード」。その歴史について、地形散歩ライターの内田宗治さんが解説します。


正式名称は「高輪橋架道橋下区道」

 山手・京浜東北線の高輪ゲートウェイ駅から田町駅方面へ約300mのところで線路をくぐっているのが、通称「提灯(ちょうちん)殺しのガード」です。

提灯殺しのガード。背の高い人は腰をかがめて約140m歩くことに。2022年1月撮影(画像:内田宗治)

 このガードは高さがなんと1.6~1.7m程度しかありません。正式名称は

「高輪橋架道橋下区道(たかなわばしかどうきょうしたくどう)」

といいますが、タクシーの屋根のあんどんがぶつかって壊れることが多発したため「提灯殺し」の異名が付けられました。もともとの長さは約230mあり、背の高い人は、延々と腰をかがめて歩かねばならず、通り抜けるのに覚悟がいるほどでした。

 2020年5月、このガードの西側半分の撤去工事が始まりました。西側半分の上は山手線や京浜東北線が走っていたのですが、線路が東側に切り替えられたため、線路跡は更地になり、ガードの撤去工事が容易になったためです。その前月からは車の通行が禁止されました。

 この頃、都内の珍スポットが無くなるということでテレビでもよく報道され、目にした人も多いのではないでしょうか。

日本最古の鉄道遺構も発見

 またこれに前後して、高輪ゲートウェイ駅付近で、鉄道史のうえで「大発見」がありました。約150年前の鉄道開業時に建設された線路築堤が次々と発掘されたのです。

 姿を現した区間は約800mにも及び、提灯殺しのガードをまたぐ部分も含まれます。まぎれもない日本最古の鉄道遺構で、2021年8月、「高輪築堤跡」として文化審議会から国の史跡指定の答申がされています。

仮設迂回路から見た高輪築堤の発掘現場。2021年6月撮影(画像:内田宗治)

 提灯殺しのガードは2022年1月現在、かつての東側半分にあたる区間が、人と自転車などに限って通行できます。高輪築堤に関しては一部保存されますが、多くの区間では再開発にともない姿を消してしまいます。

 高輪ゲートウェイ駅前は本格的建造物が存在せず、ガランとしていますが、数年後には複数の高層ビルをともなった街ができあがる予定なので、周辺の光景は一変することでしょう。提灯殺しのガード一帯は、月日とともに変貌していく東京を象徴するスポットのわけです。

東側半分の工事は未着手


【画像】もう見られない! 5年前の「提灯殺しのガード」

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2022/01/220114_chou_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2022/01/220114_chou_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2022/01/220114_chou_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2022/01/220114_chou_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2022/01/220114_chou_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2022/01/220114_chou_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2022/01/220114_chou_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2022/01/220114_chou_05-150x150.jpg

おすすめ

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画