価格は通常の1.6倍 赤坂にかつて存在した「高級吉野家」を振り返る

1985年5月にオープンした「特選吉野家あかさか」について、ルポライターで著作家の昼間たかしさんが解説します。


34年前の5月、赤坂にオープン

 牛丼チェーンの大手・吉野家ホールディングス(中央区日本橋箱崎町)の業績が好調です。2019年3~8月期決算の連結売上高は前年同期比6.7%増となる1070億6600万円。既存店の売上高も3月以降は前年同月を上回る状況が続いています。

牛丼のイメージ(画像:写真AC)

 その要因のひとつが3月から発表された新サイズです。「超特盛」「小盛」のふたつのサイズが加わったわけですが、とりわけ「超特盛」は大人気です。肉の量は大盛の2倍というビッグサイズ。発売前はその量に懐疑的な声もありましたが、蓋をあけてみれば1か月で100万食を売り上げるヒット商品に。筆者も何度か食べましたが、いくら食べても肉が続く宇宙。とても幸せな気分になれます。

 すっかり庶民の味方として定着した吉野家ですが、かつては高級路線を目指したこともあるのです。それが1985(昭和60)年5月、赤坂にオープンした「特選吉野家あかさか」。TBS近くの一ツ木通りにありました。

 1980年代初頭の不景気を経てバブル景気へと向かって経済が上向いていたこの時期、外食産業では高級路線がブームになっていました。吉野家と同じ時期に、ファミレスチェーンのすかいらーく(現すかいらーくホールディングス)が発売したのが高級ハンバーガーで、価格は880円。直径は13cmと普通のハンバーガーよりやや大きめで、米国産牛肉のハンバーグ140gにチーズ、パイナップルの輪切り、トマト、レタスが入った逸品でした。一部の店舗ではフライドポテトなどとセットで1250円で提供されていたといいますから、まさに高級品です。

 では、吉野家の高級牛丼はどうだったかというと量は一般の並盛と同じで価格は600円(味噌汁とおしんこのセットは750円)。当時は並盛が一杯370円だったので、けっこう強気な価格設定です。通常の並盛と違うのは肉の質。通常の牛丼はバラ肉を使っていましたが、こちらはショートリブを使用。吉野家には赤坂の店を「おいしい牛どんのシンボル店」とすることで、チェーン店のイメージを向上させようという狙いがありました。

店の雰囲気、あまりにも高級過ぎだった


【調査結果】牛丼店は「リピート客」がとても多かった 牛丼はやっぱり庶民の食べ物?

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2019/10/191029_yoshinoya_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/10/191029_yoshinoya_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/10/191029_yoshinoya_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/10/191029_yoshinoya_02-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画