アド街、モヤさま、家族に乾杯……なぜ「散歩番組」は大人気になったのか? 外出自粛のいま考える

テレビを付けていると、散歩番組を見かけない日はありません。なぜここまで増えたのでしょうか。その背景について、社会学者で著述家の太田省一さんが解説します。


番組が増えたのは1990年代に入ってから

 古来、人間は「散歩する動物」です。

 古代ギリシャ哲学には、散歩しながら講義をするという逍遥(しょうよう)学派なる学派もありました。特に決まった目的もなくぶらぶら歩きをすることに喜びを見いだすのは、もしかすると人間の専売特許なのかもしれません。

 いま、テレビでも散歩番組が真っ盛りです。朝から夜まで、必ずどこかのチャンネルで散歩番組をやっていると言っても過言ではありません。

 ただ、ずっと昔からそうだったわけではありません。これほどテレビに散歩番組が増え始めたのは、実は1990年代に入ってからです。その時期になにがあったのか? そしてそのとき東京はどのように扱われるようになったのか? そのあたりを少し振り返ってみたいと思います。

目指すものは「普段着の街」

 1995(平成7)年と言いますからちょうどいまから四半世紀前、いまも続くふたつの番組がスタートしました。ひとつがNHK「鶴瓶の家族に乾杯」、そしてもうひとつがテレビ東京「出没!アド街ック天国」です。

「出没!アド街ック天国」の番組内の様子(画像:テレビ東京グループ)

「鶴瓶の家族に乾杯」は、ご存じの通り笑福亭鶴瓶とゲストが毎回どこかの街に出掛け、行き当たりばったりで地元の人びととの交流をする番組です。全国各地が舞台なので旅番組的要素もありますが、本質は散歩番組と言っていいでしょう。

 なぜなら、目的は名所やグルメではなく、あくまでその街に暮らす人びとの日常の姿にふれることにあるからです。いわば「普段着の街」、それが散歩番組の目指すものです。「鶴瓶の家族に乾杯」は、鶴瓶の名人芸ともいえるコミュニケーション術もあり、散歩番組のお手本的存在になりました。

地元の人たちが慣れ親しんだものを取材


【懐かし画像】大江麻理子アナ時代の「モヤモヤさまぁ~ず2」のカットを見る

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/03/200331_sanpo_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/03/200331_sanpo_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/03/200331_sanpo_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/03/200331_sanpo_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/03/200331_sanpo_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/03/200331_sanpo_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/03/200331_sanpo_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/03/200331_sanpo_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/03/200331_sanpo_05-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画