AO入試誕生から31年 いまだ残る「ワンチャン合格」という保護者の幻想

近年すっかり定着したAO入試(現・総合型選抜)ですが、どうやらまだその難易度について誤解が残っているようです。教育ジャーナリストの中山まち子さんが解説します。


誕生から31年たったAO入試の現状

 1990(平成2)年、慶応義塾大学(港区三田。以下、慶大)の湘南藤沢キャンパス(神奈川県藤沢市)が新設されました。そのときに誕生した総合政策学部と環境情報学部の入学試験で採用されたのがAO入試です。

港区三田にある慶応義塾大学(画像:写真AC)

 AO入試とは学力試験を課さず、小論文や面接によって学生の合否を決める選抜制度のこと。採用から31年が経過し、今では大学入試のひとつとして広く認知されています。

 文部科学省は昨年度からAO入試を「総合型選抜」と改称していますが、一般的にはAO入試の名が定着しています。また慶大のようにAO入試の名を使い続けたり、FIT入試(法学部)など、独自の名前を使ったりしている大学も存在しています。

 慶大のAO入試実施は世間に大きなインパクトを与えましたが、各大学がすぐさま追随したわけではありません。

 文部科学省がAO入試に関する調査を開始した2000年度の入学者選抜実施概要を見ると、私立大学に入学した新入生46万8260人のうち、AO入試組の割合はわずか1.7%(7773 人)でした。慶大が始めてから10年が経過しても、私立大学では2%未満という状況だったのです。

 同年度の国公立大学に至っては0.3%(国立大学)と0.1%(公立大学)でした。大学入試全体でみれば、AO入試を経て入学する学生は極めて少数派だったことがうかがえます。

 しかし21世紀に入って、大学入試は様変わりしました。

 2020年度の私立大学入学者のうち、AO入試組の割合は12.1%(5万9846人)に激増。国公立大学でもAO入試の募集人員の枠は広がり、

「大学入試 = 一般入試」

ではなくなってきています。

保護者と現況の認識のズレ


【画像】20年間で激増! 「AO入試」のデータを見る

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/11/211106_ao_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/11/211106_ao_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/11/211106_ao_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/11/211106_ao_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/11/211106_ao_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/11/211106_ao_04-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画