【来月の運勢】社会でくすぶっている人は、4月のうちに「自分磨き」をすべき理由

令和2年も早くも4月。占い師の星健太郎さんは、4月はストイックに自分磨き続けることが大事だと言います。いったいなぜでしょうか?


4月のテーマは「ストイックに磨き続ける」

 4月は「土の中に眠る原石」と呼ばれる運勢が回ってきます。

4月のカレンダーのイメージ(画像:写真AC)

 そもそも東洋占いでは、「木・火・土・金・水」の自然エネルギーの強弱によって運勢の流れを読み解き、今の状態を見ていきます。4月はその自然エネルギーの中の「土の中に眠る原石」と呼ばれる「金」のエネルギーが回ってくる時期にあたります。

「土の中に眠る原石」は、まだ世間に知られていない状態で、地中で今はエネルギーをため込んでいるとも見ることができます。

 それは、悪くなると「くすぶっている」ともいえ、なかなか本来の才能を発揮できず、もどかしさを抱えることも多くなりそうです。

 またエネルギーが内在しやすく、爆発力は秘めた状態になっています。それをうまく発揮できれば、とてつもないパワーで活躍も期待できます。

 ただし、「怒り」として爆発させてしまうこともあるので、不満をため込んでいる人は気をつけましょう。

とにかく一生懸命に

 4月はこのような運勢が流れている中で、運勢を上手に生かしていくには「ストイックに磨き続ける」がポイントになります。

美しく輝くさまざまな原石のイメージ(画像:写真AC)

 土の中に眠っている原石は、一生懸命に磨かなければ輝きません。ありのままの自然の状態では、価値を感じてもらえず、せっかく輝けるポテンシャルがあっても気づいてもらえません。

 ぜひストイックに自分磨きをやり続けましょう。それができれば、輝きを手にして大きく飛躍する可能性もあります。

1月から3月の運勢は?


【女性1113人に聞きました】約半数の女性が陥る「資格の持ち腐れ現象」とは?

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2020/03/200330_uranai_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/03/200330_uranai_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/03/200330_uranai_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/03/200330_uranai_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/03/200330_uranai_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/03/200330_uranai_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/03/200330_uranai_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/03/200330_uranai_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/03/200330_uranai_05-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画