「自分以上になりたかった」デビュー31年の福山雅治が、東京に見つけた光と影と美しい景色

長崎市出身。歌手として俳優として活躍する福山雅治さんが、自身の楽曲に歌い込んだ「東京」はどのような表情を持った街として描かれているのでしょうか。音楽ライターの松本侃士さんが解説します。


18歳で上京した街に見たもの

 さまざまな著名アーティストが歌詞に歌い、時代ごとの情景を切り取ってきた街、東京。今回は、そんな「東京」にまつわる福山雅治の楽曲を紹介していきます。

 長崎市で生まれ育ち、18歳の時に上京した経験を持つ彼は、「東京」という街をどのような観点から見据え、そして、それぞれの楽曲を通して、どのようなメッセージや物語を伝えようとしているのでしょうか。

2020年12月にリリースした30周年アルバム『AKIRA』を記念して音楽専門チャンネル「スペースシャワーTV」に出演した福山雅治さん(画像:スペースシャワーネットワーク、アミューズ、KAYO SEKIGUCHI)

 1曲目は、2007(平成19)年に、映画『東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン』の主題歌としてリリースされた「東京にもあったんだ」です。

<東京にもあったんだ
 こんなキレイな夕日が
 うれしいな 君に見せたいな
 君は元気かな>

 これは同曲の歌い出しの一節です。

 この歌詞を読むと、楽曲の主人公が思いをはせる「君」は、東京にはいないことが分かります。ちなみに、後半に

<君はね 青春のゴールだったよ>

という一節があることから、この物語における「君」は、学生時代にかけがえのない大切な時間を共に過ごした人であること、そして、この楽曲の主人公は、上京と同時に青春期に別れを告げ、大人になろうともがいていることが推測できます。

大ヒット映画の主題歌に込めたメッセージ


【貴重画像】20年前、10年前の福山雅治さん(2枚)

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/07/210725_fukuyama_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210725_fukuyama_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210725_fukuyama_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210725_fukuyama_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210725_fukuyama_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210725_fukuyama_04-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画