なんとファンレターが1日5000通 異次元人気の「セーラームーン」、90年代の熱狂を振り返る

1992年に漫画連載とアニメ放映が始まり、瞬く間に少女たちを虜(とりこ)にした伝説の作品『美少女戦士セーラームーン』。今なお続く人気ぶりや当時の秘話を、ルポライターの昼間たかしさんが紹介します。


東映アニメーションが手がけた超ヒット作

 2019年のNHK連続テレビ小説『なつぞら』の舞台のモデルにもなった東映アニメーション。そのスタジオがあるのは、練馬区大泉です。スタジオの一角にあった「東映アニメーションギャラリー」は建て替えにともなってリニューアルし、「東映アニメーションミュージアム」となっています。

 以前は歴史資料の展示が多かったのですが、リニューアル後は子ども向けの展示や遊べるコーナーが充実。入場無料なので、近くに住んでいたら子どもが毎日大喜びの施設だと思います。

 数え切れない名作を生み出して生きた東映アニメーション。いま代表作のひとつとなっているのは2004(平成16)年からスタートした『プリキュア』シリーズでしょう。すでに16年間もやっているわけで、いったいプリキュアが何人いるんだか筆者(昼間たかし。ルポライター)は不勉強なのでよくわかりません。

 耳にしたところによりますと、このシリーズがウケている理由は、登場する女の子キャラたちが「主体的」に戦うというところ。それがメインターゲットである女児にものすごくウケているというではありませんか。

 そうなるとその源流として思い出すのは、やっぱり『美少女戦士セーラームーン』です。

主人公・月野うさぎが美少女戦士セーラームーンに変身するというストーリー。画像は美少女戦士セーラームーン 25周年プロジェクト公式サイトから(画像:(C)武内直子・PNP・講談社・東映アニメーション)

 武内直子さんによる原作漫画が講談社の少女漫画雑誌『なかよし』で連載を始めたのは1992(平成4)年2月号からでした。

 当初からアニメ化前提の企画だったこの作品は、同年3月からテレビ朝日系で放送を開始。土曜日19時という時間帯でフジテレビ系の『平成教育委員会』などの人気番組を押さえて平均視聴率12%を獲得し、瞬く間に一般メディアも注目せざるを得ない人気コンテンツになりました。

1日に5000通余りのファンレターが殺到


【画像】いくつ知ってる? 有名企業とセーラームーンのコラボ企画の数々

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2020/03/200328_moon_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/03/200328_moon_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/03/200328_moon_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/03/200328_moon_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/03/200328_moon_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/03/200328_moon_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/03/200328_moon_11-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/03/200328_moon_12-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/03/200328_moon_13-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/03/200328_moon_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/03/200328_moon_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/03/200328_moon_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/03/200328_moon_04-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画