本日オープン「新生・原宿駅」の駅カフェは、なぜスタバでもタピオカ店でもなく「猿田彦珈琲」なのか?

2020年3月21日

お出かけ
ULM編集部

JR原宿駅の新駅舎が2020年3月21日にデビューを果たしました。2階にオープンしたのは、コーヒー界の「サードウェーブ」として知る人ぞ知る「猿田彦珈琲」。若者の街・原宿の玄関口に新店を構える意気込みを同社の大塚朝之社長に聞きました。


「若者の街」の玄関口に満を持してオープン

 東京都内で最も古い木造駅舎として親しまれてきたJR原宿駅が東京オリンピック・パラリンピック開催を前に建て替えられ、2020年3月21日(土)、新駅舎の供用が開始しました。

 壁面にガラス材を多用した新駅舎の2階には、大型カフェも同日オープン。東京で15店舗目となるコーヒー界のサードウェーブ、「猿田彦珈琲」(渋谷区恵比寿)です。

 約84坪・約120席という大規模店は、同社にとって23区内で初めて。満を持しての原宿店は、店内にもメニューにもさまざまな工夫が凝らされています。

JR原宿駅の新駅舎にオープンした「猿田彦珈琲」(2020年3月19日、遠藤綾乃撮影)

 例えば「日本の路地」というコンセプト。洗練されたデザインの店内で際立つのは、民家の庭先に置かれたような畳敷きの縁台と、凛(りん)とした風情をかもす松の盆栽です。店内を見渡せば、使い込まれた味わいのある和家具も随所に配置されています。

 見上げると、天井は日本建築を思わせる低めの造り。照明はやや落とされているものの、自然光が差し込む小ぶりの吹き抜けからの明るさによって、まるで入り組んだ住宅地の裏路地でふと空を仰ぎ見たときのような懐かしさを覚えます。

裏路地で立ち止まり、耳を澄ませたような感覚

 心地よい音量で流れるBGMは、聞き覚えのある洋楽・邦楽の有名曲と、鳥の鳴き声や波の音、誰かのささやき声といった効果音。異なる音のランダムな混じり合いが呼び起こすのは、路地裏で立ち止まり周囲の音に耳を澄ませたような感覚。

畳敷きの縁台や松の盆栽が目を引く店内(画像:猿田彦珈琲)

 奥へと進むと、全面ガラス張りの窓が取り込む明かりで店内は一気に明るくなります。カウンター席やテーブル席が並ぶなか、ひときわ目を引くのはフロア中央に位置する畳敷きの縁側のようなスペース。背もたれの障子と相まって、「日本の路地」という印象をいっそう高めているようです。

コーヒー、スイーツ、軽食にもこだわり


【画像】おしゃれシャツからマグカップまで 有名ブランドとの限定コラボアイテム

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2020/03/200320_harajuku_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/03/200320_harajuku_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/03/200320_harajuku_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/03/200320_harajuku_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/03/200320_harajuku_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/03/200320_harajuku_11-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/03/200320_harajuku_12-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/03/200320_harajuku_13-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/03/200320_harajuku_14-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/03/200320_harajuku_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/03/200320_harajuku_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/03/200320_harajuku_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/03/200320_harajuku_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/03/200320_harajuku_05-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画