大丸東京店食品街、秋のグルメ総選挙でお弁当ベスト10が決定!

2019年10月18日

イベント
ULM編集部

大丸東京店の1階と地階食品フロア「ほっぺタウン」で、秋の旬食材を使用したお弁当やお惣菜などの人気投票「秋のほっぺタウン総選挙」実施されました。投票結果のなかから、お弁当ベスト10を紹介します。


東京駅からの出張や旅行に最適、お弁当ベスト10

 大丸東京店1階と地階の食料品売場で、2019年10月1日(火)から14日(月)までの期間、同フロアで販売されているお弁当や惣菜、和洋菓子などの人気投票「秋のほっぺタウン総選挙」が実施されました。その投票結果が18日、発表されました。そのなかから、お弁当のベスト10を紹介します。

大丸東京店で「秋のほっぺタウン総選挙」が実施された。写真は「お弁党」で5位に選ばれたお弁当、「平島」のトロサバ巻。850円(画像:大丸東京店)

 今回の総選挙には、117ブランドが立候補し、「お弁党」「惣菜党」「和菓子党」などジャンル分けしてお客様からの投票で人気を競い合いました。全体で1万9341票、お弁党は1107票のなかからベスト10が決まりました。

第10位:おかず本舗 佃浅「小さな秋弁当」(1296円)
 佃煮・和惣菜作りの老舗の2段重ねのお弁当。しめじと舞茸の炊き込みご飯に、おかずは鮭の粕漬け、舞茸の天ぷら、ほうれん草の胡麻和え、野菜の煮物、銀杏などです。

第9位:牛たん かねざき「牛たんじっくり ローストビーフ丼」(1500円)
 仙台に本社を構える牛たん専門店からの、目利き職人が選び抜いた牛たんを楽しめる丼。牛たんをスチームにかけて焼き、さっぱりとしたワサビドレッシングと合わせました。

第8位:銀座天一「秋味天丼」(1393円)
 天ぷらの名店「銀座天一」の秋食材を使用した天丼。エビ2尾とサンマ、舞茸の天ぷら、エビとさつまいものかき揚げをご飯にオン。

第7位:西洋銀座「シェフのよくばり御膳」(1728円)
 松茸の炊き込みご飯に、ハンバーグやエビ、鶏肉など、人気のおかずを詰合せました。

第6位:つきじ 鈴富「豊洲のちらし寿司、惣菜コラボセット」(1944円)
 豊洲市場のマグロの仲卸、鈴富の仕入れた中トロマグロや赤身マグロ、サーモンやホタテ、イクラなどののったちらし寿司と、惣菜がセットになった豪華弁当。惣菜は、マグロ竜田揚げ、青のりイカ天、地エビにかぼちゃやさつまいもなどが詰め込まれていて、ボリューム満点。

第5位:平島「トロサバ巻」(850円)
 寿司のお弁当専門店が、1kg以上の上質なサバの身を、〆サバにしてたっぷりと豪華に巻き上げました。

第4位:亀戸升本「松茸弁当」(1728円)
 創業1905(明治38)年の老舗「亀戸升本(かめいどますもと)」のお弁当。御飯とお惣菜合わせて1本以上の松茸を使い、栗や銀杏、穴子しんじょう黄身焼きなどを添え、味わいも彩りも秋らしさ満載です。

注目のベスト3は?


【画像】目にも鮮やか! 「秋のほっぺタウン総選挙」ベスト10のお弁当を見る(10枚)

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2019/10/191017_lunchbox_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/10/191017_lunchbox_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/10/191017_lunchbox_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/10/191017_lunchbox_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/10/191017_lunchbox_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/10/191017_lunchbox_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/10/191017_lunchbox_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/10/191017_lunchbox_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/10/191017_lunchbox_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/10/191017_lunchbox_02-150x150.jpg

New Article

新着記事