1年延期になったけど……「東京オリパラ」開催が東京・湾岸エリアにもたらした十分過ぎる「功績」

東京の臨海副都心を中心として湾岸エリアで今、大型商業施設の新規オープンやリニューアルが相次いでいます。気になる施設や見どころ、特徴を、都市商業研究所の若杉優貴が一気にご紹介します。


2020年は新施設ラッシュ

 東京の臨海副都心を中心とした湾岸地域では、2020年春から秋にかけて大型商業施設の新規開業やリニューアルが相次いでいます。

新施設が続々誕生する湾岸地域。ウォーターズ竹芝(画像:れめさん、若杉優貴)

 新型コロナウイルス感染拡大の影響でなかなか東京都外に行きづらい時期が続きましたが、今回はコロナ禍のなか湾岸地域に新たに生まれた四つの大型商業施設を訪れ、旅行気分を味わいつつそれぞれの「特徴」を探っていきましょう。

海が一望できる「アトレ」

 まず最初は東京の海の玄関・竹芝。その海が見渡せる一帯に6月17日(水)から9月にかけて順次オープンしたのが「ウォーターズ竹芝(WATERS takeshiba)/アトレ竹芝(atre takeshiba)」です。

「アトレ」といえばJR東日本グループの駅併設型ショッピングセンターとして知られますが、ここはJRの駅ではなく、ゆりかもめの竹芝駅前。ちなみにJR浜松町駅からも徒歩圏となります。

ウォーターズ竹芝/アトレ竹芝。天気が良ければ海を挟んで東京スカイツリーを望むこともできる(画像:れめさん、若杉優貴)

 ウォーターズ竹芝は芝弥生会館・四季劇場などの跡地を再開発したもので、敷地面積は約2万3000平方メートル、延床面積は約10万2600平方メートル。

 タワー棟・シアター棟・駐車場棟の3棟を中心に構成され、商業施設「アトレ」を核に、JR東日本グループとマリオットグループが運営するラグジュアリーホテル「メズム東京、オートグラフコレクション」や劇団四季専用劇場「JR東日本アートセンター四季劇場[春][秋]」「自由劇場」などが進出しています。

食事もエンタメも楽しめる


【画像】東京・湾岸エリアを彩る「ニュー施設」(6枚)

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2020/10/201006_wangan_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/10/201006_wangan_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/10/201006_wangan_11-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/10/201006_wangan_12-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/10/201006_wangan_13-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/10/201006_wangan_14-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/10/201006_wangan_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/10/201006_wangan_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/10/201006_wangan_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/10/201006_wangan_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/10/201006_wangan_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/10/201006_wangan_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/10/201006_wangan_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/10/201006_wangan_08-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画