冷凍食品の世界ってこんなに広大! フランス発の専門店「ピカール」が楽しい

2018年11月17日

ライフ
ULM編集部

フランス生まれの冷凍食品専門店「ピカール」。カット野菜などの素材類から、調理済の前菜、メインディッシュ、パン、デザート、「え!この食べ物を冷凍にしてしまったの?」という驚きの商品まで、あらゆるものが冷凍で販売されています。代官山店には、電源やWi-Fi完備のイートインスペースもあります。


冷凍食品は、時短のためだけのものじゃない

 世界は美味しいものにあふれています。願いが叶うのなら、より多くの種類を、より身近なもとして、より気軽に楽しみたい。

 そんな希望を叶えてくれるうえに、食への探究心をますます深めてくれそうなのが、都内8店舗(2018年11月現在)とECサイトを展開する、フランス発の冷凍食品専門店「ピカール」です。

フランスで、好きな食品ブランド8年連続1位を獲得する実力派(イオンサヴールの画像をULM編集部で加工)

 日本では「お弁当づくりに役立つもの」「忙しい時、時短のために使うもの」という印象が強い冷凍食品ですが、ヨーロッパ圏では、忙しいか否かに関わらず、楽しく暮らすため、食卓に取り入れる人が多いといいます。

 そんななかピカールは、本国フランスで「好きな食品ブランドランキング」8年連続1位を獲得。イタリア、ベルギー、スウェーデン、スイスなども含め、計1000店舗以上を展開しています。

見れば見るほど迷う! めくるめく冷凍食品たち

 日常的に食べるものだからこそ、遺伝子組み換えなし、化学調味料不使用など、安全性や健康面も考慮されているというピカール。フランスでのラインナップは、約1100種類にもおよびます。うち、日本の店舗には約300種類ほど陳列していますが、それでも盛りだくさんで目を見張るばかり。一端を見ていきましょう。

 まずは一番人気、ヨーロッパ産の小麦とバターがたっぷりのクロワッサン。オーブンに入れて焼くだけで、初心者でもパン屋さんのような出来立てほやほやをつくれる、嬉しい一品です。

2サイズで展開する「クロワッサン」(10個入843円、ミニ627円)の調理例。180度のオーブンで約25分(ミニは約20分)焼くと完成(画像:イオンサヴール)

 そのほかパン類には、そば粉のガレット、スモークサーモン入りのベーグル、パンケーキなどが。電子レンジやフライパンを使い、ササッと数分で調理可能なものも多いです。

「パンケーキ」(6個入430円)の調理例。トースターで2~3分、もしくは電子レンジで1個あたり500Wで30秒ほど加熱(画像:イオンサヴール)

 カット野菜の種類も豊富で、青々としたインゲン、ブロッコリー、アスパラなどがさまざまなサイズで売られます。

種類豊富なカット野菜の数々。写真はその一部(イオンサヴールの画像をULM編集部で加工)

 チョイスや組み合わせに、フランスを感じるものも。たとえば、香味野菜「エシャロット」、キャベツのミニチュアのような「芽キャベツ」、ほくほくした食感の西洋野菜「アーティチョーク」など、見慣れない野菜たちがずらりと並びます。

 スープ用として販売されている7種類の野菜ミックス(ポロネギ、にんじん、じゃがいも、いんげん、カブ、セロリ、玉ねぎ)も、ありそうでなかった組み合わせです。

「BIO野菜のラタトゥユ」(843円)はベスト3に入る人気(画像:イオンサヴール)

 温めるだけですぐに食べられる、味付けされたカット野菜も揃うほか、ピューレ状のさつまいも、かぼちゃなども充実しています。

 じゃがいも加工品の幅広さもたまりません。定番のフライドポテトはもちろん、アコーディオンのように切れ目を入れて焼き上げた、スウェーデン料理の「ハッセルバックポテト」や、にんにくとタイム(ハーブ)で風味付けしたロテサリー風のものなどもあり、実に迷います。

11月末から12月25日までは、ツリー型のポテト「小さなモミの木」(6個入1059円)も販売される(画像:イオンサヴール)

 お値段は張りますが、なんとキャビアも(6264円)。フォアグラもあれば、フォアグラを取った後の鴨肉、ロブスター、ムール貝、エスカルゴもあります。

クリスマス用に300個限定で販売される「フランス産キャビア」(6264円)もある(画像:イオンサヴール)
「エスカルゴのブルゴーニュ風」(12個入1059円)も自宅で!写真は調理例。人気商品とのこと(画像:イオンサヴール)

 さらには、愛らしい姿のサーモンのパイ包み焼き、一口サイズが嬉しい食前のおつまみパイなども。

一口サイズの「食前のおつまみ4種類のミニパイN」(735円)(画像:イオンサヴール)

 もちろんデザートも! 目にも鮮やかな可愛らしいエクレアをはじめ、マカロン、パンナコッタ、ティラミス、パウンドケーキまでもが冷凍で出揃います。

解凍後のイメージ。可愛らしい「食いしん坊のミニエクレア(ピスタチオ、フランボワーズ、チョコレート、レモンメレンゲ)」(12個入1599円)(画像:イオンサヴール)

 見れば見るほど、どれを選んだらいいのだろうと、嬉しい悩みの沼にはまってしまいそうなピカールの商品たち。日本出店のきっかけは、日本でピカールを扱うイオンサヴール(千葉市美浜区)の社長自らが、出張した折にピカールに出会い、感動したことに始まるといいます。

「365日頼れる」社長自らの感動がスタートライン


New Article

新着記事