気づけば黒、グレー、白ばかり? 脱「マンネリ冬コーデ」、ニットでできちゃうアレンジ5選

冬の定番中の定番、ニット。どんなアイテムを選べばマンネリしがちな冬コーデを華やかに変えられるでしょうか。ライターの野々宮怜さんがおススメを紹介します。


鮮烈カラーで、気分が上がる

 冬本番のニットは、触り心地がよくって1枚でも存在感が大。暗い色合いの服が多くなってしまう冬だからこそ、「着てワクワクするようなニット」を選びましょう。来るべき2019年冬、こんなニットを選んでみませんか?

 ニットというとホワイトやブラック、グレーといったベーシックカラーを選びがちですが、あえてパッと映えるレッドに挑戦してみるのはいかがでしょうか。

ハッと目を引く鮮烈な赤(画像:豊島株式会社)



 寒空に着る赤ニットは、ハッと目を引く鮮烈カラー。着る人の心まで明るくしてくれそうな強い印象を持ちます。ボトムスに置く定番カラーにもきちんとなじんで、冬のコーデを盛り上げる優等生です。最近注目のカシュクールニットなら、着回しもききますよ。

ニットこそレイヤードスタイル!

 ニットというと、1枚で着るものと思っていませんか? 重ねて着ることでコーディネートの幅がグッと広がるんです。

明るいカラーと柄物の組み合わせが楽しいレイヤードコーデ(画像:QVCジャパン)

 ベーシックカラーばかりになってしまう冬のニットに、色と柄のレイヤードを取り入れれば、一気に個性的なコーデに格上げできます。ニットの上にカーディガンやコーディガンを羽織るのがおすすめ。秋冬カラーで人気のイエローは、オシャレ感がアップして楽しくなる1着。防寒対策にもなるレイヤードは秋冬の特権コーデです。

ざっくりニットで小顔効果って、本当?

 ざっくりとしシルエットがかわいい大きめニットは、何といっても圧倒的な存在感が魅力。1枚でコーデが映えるうえ、ニットのなかでもとくに小顔効果の期待できるアイテムです。

ざっくりした大振りニットは、柄物スカートと合わせて華やかに(画像:フェリシモ)



 さらにボトムスを細めのパンツやスカートにすれば、上半身にボリュームがある「Yライン」に。大人っぽい印象を与えることができます。

長めカーデが作る、こなれスタイル

 冷えやすい足もとまでしっかり暖めてくれそうなロングカーディガンは、実は「こなれ効果」も高い1枚です。

ロングカーディガンで作る、冬の華奢こなれコーデ(画像:CASA FLINE)

 パンツスタイルはもちろん、ロングスカートその相性も抜群。いつものグレーやホワイトカラーなら、柄物スカートにもぴったりです。柄の存在感を抑えつつレイヤードがおしゃれ感を一段高めてくれるはず。スカートはカーディガンと対照的な短め丈をチョイスすることで、「こなれ感」が増します。

ワンピを選ぶなら映える色が◎

 ワンピースは面積は広いぶん、暗い色より断然、明るい色を選ぶべき。定番のブラックと差し色のオレンジでは、印象が180度変わります。

チアフルなオレンジも、ニットだとさらに温かみある印象に(画像:アダストリア)

 映え色ワンピは選ぶのに少し勇気が要りますが、コーディガンやストール、マフラーをベーシックなブラックやグレーでまとめれば、明るさのある印象的なコーデに仕上がるはずです。

 カラーやデザインが豊富なニット。「見て楽しい、着て楽しい、触って楽しい1着」をぜひ見つけてみてください。


【画像】あなたはどのニットにする? 紹介したアイテムを一度におさらい

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2020/11/191106_knit_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/11/191106_knit_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/11/191106_knit_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/11/191106_knit_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/11/191106_knit_05-150x150.jpg

おすすめ

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画