子どもの誤飲防止、「手の届かないところ」は間違いだった! いったいなぜ?

インターネット上でも話題となった子どもの誤飲。日々の忙しい生活のなか、大人はどのようにして誤飲のリスクを回避すればよいのでしょうか。自身も現在0歳児を子育て中のライター・秋山悠紀さんが解説します。


歯が生えていれば紙類は簡単に噛みちぎって誤飲する

 生後半年くらいの赤ちゃんから3歳くらいまでの幼児は、「とにかく目が離せない」と言われます。物の情報を得ようと、目の前につかめる物があると触ったり、口に入れたりするからです。結果として、口に入れて「誤飲」するケースも珍しくありません。

 先日インターネット上で、子どもが2cmの針金を誤飲した際に夜間の救急病院を受診した投稿が話題となりました。子どもの誤飲を防ぐために、親はどのようなことに気をつければいいのでしょうか。0~2歳児限定の小規模保育園で勤務経験があり、現在11ヶ月の子どもを育てる筆者がその予防策や注意点などをお話します。

絶対に防ぎたい子どもの誤飲(画像:写真AC)

 誤飲と聞くと、子どもの口の中に入るサイズの物を思い浮かべるでしょう。子育て中の大人は小さなおもちゃやカギ、硬貨、ペットボトルのフタ、医薬品、タバコなどを、子どもの手の届く範囲に置かないよう、すでに十分に気をつけていると思います。

 しかし、「これは子どもの口に入るサイズではないから大丈夫だろう」と油断しがちなものが、新聞紙やティッシュペーパー、ノート、プリント、絵本、保育園の連絡帳といった紙類です。

 上下の前歯が生えていれば、子どもはこれらの紙類の端っこを簡単に噛みちぎり、そのままゴクリと飲み込めます。ティッシュ箱や段ボールの角っこなど、ある程度の硬さがあるものも、噛んで口の中に入れてしまえば、紙類は唾液でどろどろに柔らかくなるため、決して油断できません。

「少しくらいの紙類なら体に害はないし、うんちと一緒に出てくる」という見方もあります。しかし、新聞紙やプリントにはインクが印刷されていますし、どこに置かれていたのか分からない段ボールはカビやダニが繁殖しやすいため、衛生面が懸念されます。また、紙類は喉に詰まってしまい、窒息を起こす可能性もあります。いずれにせよ誤飲しないに越したことはありません。

リモコン好きな子どもは電池の誤飲に要注意


【データで理解】タバコの誤飲はとっても危険! ありそうでなかった、「ママとタバコ」に関する意識調査

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2020/07/190710_goin_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/07/190710_goin_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/07/190710_goin_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/07/190710_goin_02-150x150.jpg

New Article

新着記事

Ranking

ランキング

  • Weekly
  • Monthly