きっかけはCIAとN響だった? 今ではおなじみ「和風スパゲティ」の誕生秘話【連載】アタマで食べる東京フード(1)

味ではなく「情報」として、モノではなく「物語」として、ハラではなくアタマで食べる物として――そう、まるでファッションのように次々と消費される流行の食べ物「ファッションフード」。その言葉の提唱者である食文化研究家の畑中三応子さんが、東京ファッションフードが持つ、懐かしい味の今を巡ります。


「和風スパゲティ」を初めて出した店とは

 渋谷に「100年に1度」といわれる再開発が続いています。いまから100年前の日本は、大正時代でした。武蔵野の緑が広がっていた渋谷の開発が始まったのはその頃なので、100年に1度というのは大げさではありません。渋谷ができて以来、大きく姿を変えようとしています。

 劇的に都市化が進み、飲食店が急増したのは1923年(大正12)の関東大震災がきっかけ。それからの渋谷は、しゃれた飲食店が集まる街になりました。特筆したいのは、「日本初」の食べ物屋が非常に多いことです。

 私はファッションのように消費される流行の食べ物を「ファッションフード」と呼び、その変遷を研究していますが、渋谷は実に多くのファッションフードを発信してきました。

和風スパゲティの「たらこといろいろきのこ」。木のボウルに盛り、のりをふわりとのせ、好みでレモンを搾りかけるという粋なスタイルは昔のまま(画像:畑中三応子)

 そのひとつが、「和風スパゲティ」です。食べ物の起源を探るのは厄介な作業で、日本初の店や創案者はなかなか特定しづらいものですが、和風スパゲティに関しては、はっきり分かっています。

「壁の穴」の歴史

 元祖の店は「壁の穴」。現在は全国で何店舗も展開する外食グループですが、本店(現在は渋谷区道玄坂)は今も渋谷です。

 異色な店名には、意外な由来があります。創業者の成松孝安は英語が堪能で、終戦後の占領期にアメリカの情報機関・中央情報局(CIA)初代東京支局長として赴任していたポール・ブルームと運命的に出会い、私邸の執事を5年間つとめました。

 渋谷・神山町にあったブルーム邸は、戦後日本を代表する学者・政治家・実業家が集まり、情報交換をする夕食会が毎月行われたことで知られています。

 1953(昭和28)年に執事を辞め、退職金の代わりにブルームの資金援助で開いたのが、日本初のスパゲティ専門店「hole in the Wall」でした。シェイクスピアの『真夏の夜の夢』からブルームが命名し、その日本語訳が「壁の穴」というわけです。

N響団員のリクエストがきっかけ


【地図】和風スパゲティの「元祖」。壁の穴「渋谷本店」と洋麺屋五右衛門「渋谷本店」の場所を見る

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2020/02/200204_pasta_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/02/200204_pasta_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/02/200204_pasta_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/02/200204_pasta_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/02/200204_pasta_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/02/200204_pasta_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/02/200204_pasta_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/02/200204_pasta_04-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画