息子もパパも困ったちゃん 今でも変わらぬ親子のドタバタ劇『初天神』【連載】東京すたこら落語マップ(6)

落語と聞くと、なんとなく敷居が高いイメージがありませんか? いやいや、そんなことないんです。落語は笑えて、泣けて、感動できる庶民の文化。落語・伝統話芸ライターの櫻庭由紀子さんが江戸にまつわる話を毎回やさしく解説します。


何でも「おねだり」する息子

 1月25日は天満宮の「初天神」。天満宮は菅原道真公を祭る神社の総称です。菅原道真は、生まれた日も亡くなった日も25日といわれており、毎月25日は「天神祭」と称して多くの天満宮・天神で神事や祭事が行われています。

「初天神」は、新年最初の25日のこと。この日に天満宮にお参りしに行く親子のやりとりの落語が「初天神」です。今回は、日本三大天神、関東三大天神、江戸三大天神、東都七天神のひとつ、「亀戸天神社」とその周辺を歩いてみましょう。

※ ※ ※

 1月25日、今日は初天神ということで、羽織を着て出掛けようとすると、女房が息子の金坊も連れて行ってくれと頼んでくる。

 あいつは連れていくとあれ買ってくれ、これ買ってくれとうるさいから嫌だと断るが、折あしく、外から金坊が帰ってくる。金坊は、「羽織を着ているから出掛けるんでしょ。連れてって」と聞かない。仕方がないから、金坊をつれて初天神へ出掛けることにした。

 天満宮への道を歩きながら、「あれ買ってくれ、これ買ってくれと言わないこと」と約束させる。しかし、「ね、おとっつぁん、今日はおいらあれ買ってくれ、これ買ってくれっておねだりしないでいい子でしょ」「ああ、いい子だよ」「だから、ごほうびに何か買っておくれよ」と、金坊がしつこくおねだりをし始めた。

歌川広重「亀戸天神境内」『名所江戸百景』(画像:櫻庭由紀子)

「これだからお前を連れてくるのは嫌だったんだ」と、文句を言いつつもあめ玉を買うことに。店先で売り物のあめを散々ねぶり回して選ぶものだからあめ屋に叱られる。あめを買ってもらってご機嫌の金坊。しかし、調子に乗っているうちにあめ玉を飲み込んでしまった。

 今度は団子が欲しいとごね始めた金坊。仕方がないので団子を買ってやるが、蜜が垂れてしまうからと全てなめとってから金坊に渡す。金坊が「嫌だよ、こんなの」と文句を言ったので、団子屋の蜜のつぼに団子を2度づけして、親子で走り去る。

 天満宮への参拝を終えると、金坊が凧(たこ)をねだる。渋々買ってやり、隣の空き地で凧あげをすることに。すると、腕に覚えがあるとばかり金坊から凧を取り上げ、ひとりで楽しみ始めてしまった。金坊が自分のあげさせてくれと頼んでも、「子供がするもんじゃねえ」と一喝。無邪気に凧揚げに興じる父親を見て、金坊、

「こんなことなら、お父っつぁんを連れてくるんじゃなかった」

※ ※ ※

吉宗公も訪れた江戸の行楽地


【地図】荒川と墨田川に挟まれた「亀戸天神社」の所在地

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2020/02/200204_rakugo_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/02/200204_rakugo_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/02/200204_rakugo_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/02/200204_rakugo_03-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画