ひとたび聞けば、たちまち江戸日本橋のにぎわいがよみがえる『三井の大黒』【連載】東京すたこら落語マップ(5)

落語と聞くと、なんとなく敷居が高いイメージがありませんか? いやいや、そんなことないんです。落語は笑えて、泣けて、感動できる庶民の文化。落語・伝統話芸ライターの櫻庭由紀子さんが江戸にまつわる話を毎回やさしく解説します。


落語でおなじみの左甚五郎が登場

 節分を控え、いよいよ新旧暦ともども春がやってきます。今回は、2020年の干支(えと)であるねずみがお仕えする大黒さまにちなんだ、おめでたい噺(はなし)の「三井の大黒」で、お江戸日本橋へ出掛けてみましょう。

200年前の日本橋を描いた絵巻物『熈代勝覧(きだいしょうらん)』の中の三井越後屋。三井越後屋は三井財閥の源流となった(画像:櫻庭由紀子)

 この演目に登場するのは、講談・浪曲・落語でおなじみの名人・左甚五郎(ひだり じんごろう)。飛騨高山から修行するべく、京都伏見、大阪、東海道の名所や宿場を転々とし、江戸に到着したところからお話は始まります。

※ ※ ※

 飛騨の名工・左甚五郎。その作品には魂がこもり、命ないものに命を与え、鷹は飛び立ち鯉は泳ぎ始めるという。

 さて、その甚五郎。江戸の大工はいかなるものかと、神田今川橋を渡った銀町(しろかねちょう)の普請場(建築現場)を通りかかった。威勢が良いものの、技術はどうも雑にみえる。思わず口に出してしまい、甚五郎は大工たちに袋だたきに遭ってしまった。

 そこにやってきた、棟梁(とうりょう)・政五郎。大工たちをたしなめつつ甚五郎に素性を聞いてみると、「飛騨からやってきた番匠(大工)」という。大工ならちょうど人手が足りないから居候でやってみないかと誘いつつ、飛騨といえば名人甚五郎を知っているかと聞いてみると、「つまらん」という答え。甚五郎としてみると、名乗る前に名人と言われてしまったものだから具合が悪い。「ぽん州」と名付けられ、橘町(たちばなちょう)の政五郎の家へ厄介になることになった。

腕は立つが酒を飲んでゴロゴロ


【110年前の地図】『三井の大黒』に出てくる棟梁・政五郎の自宅があった「日本橋橘町」(現在の東日本橋3丁目周辺)の様子を見る

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2020/01/200129_mitsui_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/01/200129_mitsui_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/01/200129_mitsui_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/01/200129_mitsui_03-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画