「忙しい」が口癖のあなたへ ニーチェとアドラーに学ぶ「多忙な人の深層心理」とは?

「忙しい」とは、現代のビジネスパーソンがもっとも口にする言葉のひとつかもしれません。その裏に隠された心理について、ライターの宮野茉莉子さんが哲学者・ニーチェと心理学者・アドラーの教えから紐解きます。


つい口をついて出る「忙しい」。でも本当は?

「仕事が忙しい」という言葉、口癖になっていませんか? 実際、仕事に追われて多忙な日々を過ごす人も多いと思います。

 日本には「忙しく仕事をしている人ほど有能」「忙しい人は重要な業務を抱えている」と考える傾向があるようです。けれど忙しいと思う気持ちには実は、「自分の内にある本心や問題から逃げていたい」という側面もあるようなのです。ちょっと思い当たるかも……なんて人もいらっしゃるのではないでしょうか。

 ドイツの哲学者フリードリヒ・ニーチェと(1844~1900年)とオーストリアの心理学者アルフレッド・アドラー(1870年~1937年)の知恵を借りて、その真理を追究してみましょう。

「仕事が忙しい」という社会人のイメージ(画像:写真AC)

 仕事が忙しいから、趣味が持てない、恋人もいない、仲間もいない、人生や未来について考える暇もない――。このふたつの因果関係は、一見つながっているようで実はただのこじつけなのだ、そう指摘したのがニーチェです。

 ニーチェは1883年から1885年にかけて発表した『ツァラトゥストラはかく語りき』の中で、「激務を標榜するものは、自分を忘れようとしているだけだ。自分からの逃避である」と語っています。仕事が忙しいからほかのことができないのではなく、したくないことや見たくないものがあるから仕事に没頭しているのだ、というのです。

 忙しく仕事をする本当の目的は、「自分の本心や問題を見て見ぬふりをする」ため。つまり、因果関係が逆だというのがニーチェの論です。

怖い、めんどう。だから見て見ぬふり。


【調査】「働き方改革」以降も、忙しさは変わらない? ビジネスパーソンたちの実態が垣間見える調査結果を見る

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2019/10/191001_tetsugaku_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/10/191001_tetsugaku_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/10/191001_tetsugaku_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/10/191001_tetsugaku_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/10/191001_tetsugaku_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/10/191001_tetsugaku_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/10/191001_tetsugaku_04-150x150.jpg

New Article

新着記事