東京の輝きにたじろぎながら明日を夢見る女性の漫画「自分の『好き』を見つけたい」

東京という街が放つ「きらめき」についてふと思ったことを、イラストレーターのBara.さんが漫画に描きました。


夜、眠る前に思うこと。

 Bara.さんは、関西出身で東京在住8年のイラストレーターです。仕事、友人関係、恋愛、将来のこと、この街に暮らす意味……。日常に立ち現れる、ふとした感情の揺らぎを切り取るBara.さんのアーバンライフメトロ・オリジナル4コマ漫画。今回のテーマは「都会と私」です。

Bara.さんの体験を描いた漫画のカット(Bara.さん制作)

――Bara.さん、今回の作品を作った背景を教えてください。

 都会に住む、リアルな女性の1日の終わりを描きたいと思い、今回描きました。

――東京とは、Bara.さんにとってどんな街でしょう。

 何でもあり、誰でもいる、でも自分の居場所を探すのはとても難しいという街ですね。

――東京のなかで特に好きな町、場所があったら教えてください。

 商店街が好きなので、学芸大学と戸越銀座が好きです。

――Bara.さんにとって、地元には無くて、東京にはあるものって何でしょうか。

 現実的な部分を言いますと、アート関係のイベント、舞台などです。

――逆に、地元にはあって、東京には無いものは何ですか。

 人がいない瞬間ですね。東京は常に人がいるので。

――何となく寂しい夜、うまく眠りにつくための習慣があったら教えてください。

 絵のことを考えます。そうしたら、脳みそが働きたくないのか、眠くなるんです。

――地方から出てきて東京に暮らす人たちにひと言お願いします。

 何でもあるからこそ迷うことも多いですが、自分の「好き」を見つけられるよう、お互い頑張りましょう。

――漫画の読者にひと言お願いします。

 少しでも共感していただけますとうれしいです。


【画像】漫画を読む

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2020/02/200206_bara_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/02/200206_bara_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/02/200206_bara_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/02/200206_bara_04-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画