ひそかに、だが着実に加速する東京都心の「超ロボット化」 もはや現実はSF世界と紙一重

気づかぬうちに、少しずつ、着実に、東京都心で加速している「超ロボット化」をご存じでしょうか。SFアニメの中だけだと思っていた科学技術の活用は、すでに現実のものとなっています。具体例を見てみましょう。


SF作品はもはやフィクションではない?

 アニメ作品には、いろいろなジャンルがあります。

 なかでもSF(サイエンス・フィクション)を題材とした作品群には、人気のタイトルも数多く存在します。

 SFアニメの世界では、科学技術が発展した街の様子や人々の暮らしが描かれており、何気ないシーンであっても現実を超える世界観や設定に興味を引かれることが間々あると言えるでしょう。

 一方、現実の世界でも、科学技術の発展を実感する機会がこの数年に一気に増えました。そのひとつが、身近な場所におけるロボットの存在です。

 例えば飲食店での接客や配膳、さらにビルの清掃も……。こうしたロボット導入は、今後も積極的に進められていくはずです。

ロボット接客の飲食店が街に増殖

 東京都内では今、どのような科学技術の実用が進んでいるのでしょうか。

 まずは、ロボットが働いている飲食店を紹介しましょう。

 飲食店でロボットを活用するメリットとして、24時間いつでも同じパフォーマンスを発揮できることが挙げられます。また、人間より外国語への対応力が高い点も見逃せません。

 一例目として紹介するのは、ロボットがコーヒーを提供している、その名も「変なカフェ」(渋谷区神南)。2018年に渋谷MODI(モディ)地下1階にオープンした、カフェスペースです。

おいしいコーヒーを淹れてくれる「変なカフェ」のTom(画像:エイチ・アイ・エス)

 店頭に立つのは、アメリカのRethink Robotics(リシンク・ロボティクス)が開発した協働ロボット「Sawyer(ソーヤー)」。同店ではTom(トム)の愛称で親しまれています。

 Tomはロボットアームで器用にカップをつかみ、おいしいドリップコーヒーを淹れてくれます。さらに搭載された(人工知能)AIで、接客することも可能です。

 同店では夏休み企画として、この様子を見学できるイベントを2021年8月31日(火)まで実施しているとのことです。

おなじみペッパーくんがずらり5人も


【画像】東京の街にあふれる「ロボット」たち(4枚)

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/08/210815_robot_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210815_robot_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210815_robot_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210815_robot_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210815_robot_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210815_robot_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210815_robot_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210815_robot_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210815_robot_05-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画