銀座超え間近? 復権の狼煙が上がる「日本橋」の圧倒的存在感

世界最大の100万都市だった江戸の中心地・日本橋が近年、再びその輝きを取り戻しています。その背景について、IKIGAIプロジェクト まちづくりアドバイザーの百瀬伸夫さんが解説します。


品がある街並み

 日本橋といえば、やはり名橋「日本橋」。この橋は江戸時代、五街道の起点となった木造の太鼓橋でしたが、1911(明治44)年に石造二重アーチへ造り替えられました。ちなみに「東京まで○○km」と書かれた道路標識の「東京」とは、日本橋を指しています。

 当時の江戸はパリやロンドンより大きく、世界最大の100万都市。水運に恵まれた日本橋には全国から職人や商人が集まり、江戸の中心的な城下町として栄えて町人たちの暮らす町家には、商人が後を絶ちませんでした。後の「三越百貨店本店」となった「越後屋呉服店」をはじめ、問屋や商店が次々と軒を並べ、日本橋は江戸の町を代表する繁華街になったのです。

右の「日本橋高島屋本館」は日本の百貨店建築を象徴する歴史的建造物で、国の重要文化財に指定されている。左は日本橋高島屋三井ビルディング。低層部は日本橋高島屋S.C.新館で、伝統と革新が見事に調和し日本橋の今を象徴している(画像:百瀬伸夫)

 商都となった日本橋は文明開化とともに明治・大正・昭和・平成・令和へ、その“暖簾(のれん)”と“文化”を現在の商業施設に引き継いでいます。

 日本橋は日本銀行本店(中央区日本橋本石町)をはじめ

・日本橋三越本店(同区日本橋室町)
・三井本館(同)
・日本橋高島屋(同区日本橋)
・日本橋ダイヤビルディング(同。旧三菱倉庫江戸橋倉庫ビル)

など、国の重要文化財や東京都選定歴史的建造物に指定される建物が多く現存しています。新旧の建物が違和感なく織りなす街並みは、他では味わえない魅力があります。

日本橋が狙う打倒「銀座」


【コレド室町】薄闇をほのかに照らす、風情あるちょうちんの数々

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2020/01/200114_nihonbashi_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/01/200114_nihonbashi_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/01/200114_nihonbashi_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/01/200114_nihonbashi_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/01/200114_nihonbashi_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/01/200114_nihonbashi_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/01/200114_nihonbashi_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/01/200114_nihonbashi_05-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画