外国人スタッフについ「日本人っぽさ」を求めてしまう私たちの悲しき島国根性

外国人雇用が拡大するなか、難しい課題のひとつとして挙げられるのが「日本人上司と外国人スタッフとの関係構築」です。外国人スタッフをマネジメントする側の日本人上司や企業が改善すべき点とは何でしょう。内定ブリッジ代表の淺海一郎さんが解説します。


「日本人上司側の課題」を取り上げた、注目の調査結果

 外国人雇用に関するニュースが増えるなか、大手人材会社のシンクタンク・パーソル総合研究所(千代田区一番町)は2019年12月、「外国人部下を持つ日本人上司の意識・実態調査」を発表しました。

 今回の調査は、外国人スタッフ側ではなく「日本人上司側が抱える課題」について分析している点にその面白さがあります。

コミュニケーションがうまくいかない日本人と外国人のイメージ(画像:写真AC)

 私(淺海一郎。内定ブリッジ代表)は現在、経済産業省「外国人留学生の就職や採用後の活躍に向けたプロジェクト」政策検討委員会の委員として、また日本貿易振興機構(JETRO)新輸出大国コンソーシアム(高度外国人材の活用)エキスパートとして、外国人雇用を進める企業の支援をしています。

 支援は主に、ハード面(社内体制)の整備とソフト面(社内コミュニケーション、外国人マネジメント)の研修支援、つまり人材採用後の定着支援です。これら定着支援を政府関係機関や地域自治体などとともに全国で行っているほか、外国人雇用や海外事業を成功させたいと真剣に取り組んでいる個別の企業に対しても、継続的なコンサルティング支援をしています。

 支援対象企業の業種はさまざまですし、企業の規模も外国人スタッフの採用背景、採用手法も多様です。本稿では、前述の調査データと私の知っている企業の実情とを比べ、関連のあるところにポイントを絞ってお話ししたいと思います。

 外国人雇用に興味のある人、共働社会・共生社会などに興味のある人はもちろん、外国人雇用にモヤモヤとした抵抗を感じている人などにも、広く読んでもらえるとうれしいです。

見落とされやすい、「日本人側が気づいていないこと」


【調査】「できれば今すぐにでも離職したい」と答えた上司の割合が衝撃的

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2020/01/200109_rodo_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/01/200109_rodo_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/01/200109_rodo_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/01/200109_rodo_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/01/200109_rodo_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/01/200109_rodo_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/01/200109_rodo_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/01/200109_rodo_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/01/200109_rodo_07-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画