【搭乗ルポ】羽田発「国際線」 コロナ禍で乗客まばら、機内は厳戒態勢……と思いきや実態は?

新型コロナウイルスの感染拡大により、国内旅行にも慎重な人が少なくない現状、海外へと飛ぶ空の便はどうなっているのでしょうか。2020年8月に仕事で羽田空港から渡英したライターの鳴海汐さんが、機内での様子などをリポートします。


今、海外渡航できるのか

 2020年7月22日(水)にスタートした「Go To トラベルキャンペーン」は、約1か月間で延べ420万人が利用したと政府が発表しました。

 マイカーなどを使った近場への旅行が中心とのことで、公共交通機関による国内での移動にも慎重な人がまだ少なくないご時世。ましてや海外へ行くのは何年先になるかといった雰囲気です。

 日本ではようやく厳しい水際対策が緩まろうとしているところで、まだほぼ“鎖国状態”です。今は海外、特にヨーロッパには渡航できないものだと思っている人は多いかと思いますが、仕事の都合で8月中旬に渡英した筆者が見た、国際線フライトの現状をお伝えしたいと思います。

欧州へは「渡航中止勧告」

 なお、英政府は2020年7月10日(金)以降、日本など59か所および在外英領14か所からイングランドに到着する場合には「2週間の自己隔離は不要」と発表しています。

 しかし日本の外務省のホームページに掲載の「国・地域別の海外安全情報」では、英国を含むヨーロッパ全域を「レベル3 渡航は止めてください(渡航中止勧告)」としています。

 外務省は、「このホームページに掲載する海外安全情報は、法的な強制力をもって皆様の渡航を禁止したり、退避を命令したりするものではありません。同様に旅行会社の主催する旅行を中止させる効力もありません」と説明しています。

 そのためか、渡航中止勧告であっても2020年8月現在、例えば日本の留学エージェントは英国への語学留学のあっせんを行っていて、クレジットカード付帯の海外旅行保険は利用可能という状態です。

 とはいえ渡航を推奨する意図は決してなく、純粋に現状がどうなっているかをお伝えするのが本稿の目的です。

航空会社選びに難航


【画像】筆者が搭乗した機内の様子

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2020/08/200828_flight_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/08/200828_flight_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/08/200828_flight_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/08/200828_flight_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/08/200828_flight_03-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画