謎の受験ルール「公立高辞退はあり得ない」、都内の保護者はどうすべき?

地方でまことしやかにささやかれている「公立高校に合格したら、辞退はあり得ない」という意見。これは東京でも当てはまるのでしょうか。教育ジャーナリストの中山まち子さんが解説します。


「東京の受験」と「地方の受験」の違いを知る

 東京に進学・就職しない地元志向の学生が近年増えているといわれますが、東京に集中している現実はいまだ変わりません。文部科学省が作成した「平成29年度学校基本統計」によると、大学進学時に東京に流入した人口は7万5088人と、他の地域に比べて群を抜いています。

 地方出身者が東京に住み続け、結婚や子育てを行う中で驚くことのひとつが、「東京の受験」と「地方の受験」の違いではないでしょうか。今回は、「合格した公立高校を辞退すること」に焦点をあて、東京と地方の意見のギャップを紹介します。

学校がたくさんある東京と選択肢の少ない地方

 東京には、地方に住む人が想像できないほどの数多くの学校が存在します。そのため、独自のカリキュラムを組んで受験生とその保護者から選ばれようと懸命に努力している私立学校の多さに、地方出身の保護者は圧倒されるはずです。

 分厚い中学校紹介の本を前にすると、東京には覚えきれないほどの中学校があり、高校受験がメインとなる地方とは、大きな差があることを思い知らされます。

受験の合格通知のイメージ(画像:写真AC)

 地方は生徒の成績で、公立高校と私立高校の併願がパターン化されており、トップ高校を受けるなら私立AとBの最難関クラスを併願する――といったようなことが長年受け継がれています。

 教育現場で改革を推進し、人気を集めて偏差値を上げた私立高校や、復権した都立高校のような学校は地方では稀有。こういった環境の違いは「合格した公立高校の辞退」に対する考えにも、影響を及ぼしています。

「公立高校の辞退はあり得ない」は本当か


【データで知る】2019年 満足度の高い「塾」ランキング発表!

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2019/12/191212_jitai_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/12/191212_jitai_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/12/191212_jitai_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/12/191212_jitai_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/12/191212_jitai_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/12/191212_jitai_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/12/191212_jitai_03-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画