千代田線の一番端っこ! 足立区「北綾瀬」の住みやすさについて調べてみた

2019年に改良工事が行われ、代々木上原方面へ直通で行けるようになった北綾瀬駅。そんな同駅周辺の住みやすさについて解説します。


千代田線の一番端にある駅

 毎日多くの人々が利用する東京メトロ。そんな同線は全部で

・銀座線
・丸ノ内線
・日比谷線
・有楽町線
・半蔵門線
・千代田線
・南北線
・東西線
・副都心線

と9路線もあるため、全ての駅に降りたことがある人はあまりいないでしょう。特に各線の一番端にある駅は、明確な用事が無ければ足を運ぶ機会はほとんどありません。

 千代田線を例に考えると、表参道や赤坂には多くの人が利用するイメージがありますが、一番端の北綾瀬(足立区)はさほどメジャーではない印象です。ということで、今回はそんな北綾瀬について見ていきます。

○ベッドタウンとして最適?

 北綾瀬は東京都足立区の東側に位置します。周辺には綾瀬や亀有などがあり、北は埼玉県八潮市に面しています。

足立区谷中にある北綾瀬駅(画像:(C)Google)

 北綾瀬はベッドタウンとして近年、注目されています。元々は、隣の綾瀬駅との折り返し運転のみで不便な駅でした。しかし2019年に改良工事が行われ、代々木上原方面へ直通で行けるように。これにより、北綾瀬駅は始発駅になりました。

 始発ではほぼ確実に座席を確保できます。日比谷や赤坂などのオフィス街に乗り換えなしで行けるため、都心へ出勤する会社員にとっては利便性が増しました。こういった背景もあり、北綾瀬駅周辺には2019年頃からマンションが続々と建ち始め、今後ベッドタウンとして人気が高まると予想されます。

新宿駅まで約40分


【画像】旧駅舎時代の「北綾瀬駅」

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/10/211021_ayase_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211021_ayase_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211021_ayase_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211021_ayase_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211021_ayase_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211021_ayase_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211021_ayase_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211021_ayase_11-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211021_ayase_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211021_ayase_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211021_ayase_03-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画