紅白も見られない? お正月返上で受験勉強、会社員よりはるかに忙しい都内小学6年生の厳しい冬休み

お正月休みに入り、のんびり過ごしている人も多いかと思います。しかし、中学受験を控えた東京など首都圏の小学6年生のいる家庭は例外です。大みそかや元日まで塾の講習が入っているという児童も珍しくありません。教育ジャーナリストの中山まち子さんがその実態を紹介します。


大みそかも元日も勉強しなければならない理由

 正月返上で勉強する、というと大学入試を直前に控えた高校生や予備校生をイメージする方も多いかもしれません。しかし東京をはじめとした首都圏では、中学受験を控えた小学6年生が正月休み返上で勉強をしていることをご存知でしょうか。

中学受験を目前に控えて冬休み中の冬期講習に臨む小学6年の児童たちのイメージ(画像:写真AC)

 今回は、受験までのカウントダウンが始まり、緊張の糸が切れないよう年末年始も机に向かう受験生の勉強時間や費用などをご紹介していきます。

年が明ければ一気に受験シーズン本番

 首都圏の中学受験は例年、埼玉県の1月10日を皮切りに千葉では1月20日、2月1日は東京と神奈川がそれぞれ入試解禁日となっています。中学受験をする小学6年生にとって、冬休みは勉強時間がたっぷり取れる最後の長期休みでもあります。そのため、大手進学塾の冬期講習や正月特訓にはラストスパートをかける受験生が参加しています。

 東京の主な中学受験塾では、日能研(本部・横浜市港北区)を除くサピックス(株式会社日本入試センター、本社・渋谷区代々木)や四谷大塚(中野区中野)そして早稲田アカデミー(豊島区南池袋)が冬期講習とは別に正月特訓を設けています。

 世の中がお休みモードのなか、受験への意識が切れないよう11~12歳の子どもが年末年始関係なく、お弁当持参で朝から夕方まで勉強をし、目前に迫った入試に備えているのです。

年末年始の遠出はまず不可能な日程


【合格への道】受験生のいる家庭が「風邪・インフルエンザ対策」で欠かせない3か条

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2019/12/191230_juken_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/12/191230_juken_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/12/191230_juken_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/12/191230_juken_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/12/201004_juku_m-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/12/191230_juken_02-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画