王道ラブコメ路線も、後半部分は今やめったに口演されない『宮戸川』【連載】東京すたこら落語マップ(1)

落語と聞くと、なんとなく敷居が高いイメージがありませんか? いやいや、そんなことないんです。落語は笑えて、泣けて、感動できる庶民の文化。落語・伝統話芸ライターの櫻庭由紀子さんが江戸にまつわる話を毎回やさしく解説します。


歌舞伎と落語の間を取ったような芝居噺

 落語には「バカバカしいお話」である「落とし噺(ばなし)」のほかに、人情噺、怪談噺、芝居噺があります。歌舞伎と落語の間を取ったような芝居噺が、時代とともに落とし噺や人情噺に変化したり改変されたりすることも多く、今回ご紹介する古典落語「宮戸川(みやとがわ)」はまさにその典型です。

葛飾北斎『千絵の海 宮戸川長縄』(画像:櫻庭由紀子)

 もともとは長い芝居噺であったものが、現在は前半のみ口演され、少年漫画のラブコメ設定のような話となっています。あらすじは次のとおり。

※ ※ ※

 小網町の商家の息子・半七は、客先で碁に夢中になって遅くなってしまい、家から閉め出しをくらってしまう。隣に住む船宿の娘・お花も帰りが遅くなってしまい家に入れないらしい。

 半七が霊岸島(れいがんじま)の叔父の家に泊めてもらうつもりでいると、お花も連れていってほしいという。「叔父さんがあらぬ誤解をしてしまいます」と袖にするが、なんだかんだでお花も叔父の家に着いてしまう。

 案の定、大誤解した叔父は「布団がひとつしかないけど枕はふたつある」と2階に半七とお花を追いやる。ひとつしかない布団を前に半七は困ってしまうが、お花はまんざらでもなさそう。

 そのうち雨が降り、雷が鳴り始め、ついに落雷。大きな音に驚いたお花が半七の胸に飛び込む。思わず抱き留めた半七の腕に力が入ると、お花の緋縮緬の長襦袢の裾がパッと割れ、真っ白な足がすーっ。朴訥(ぼくとつ)なる半七も木の股から生まれたわけではなく、思わず手がお花の足に伸びて……「ここから先は本が破れてわからない。お花半七馴れ初めの一席」。

※ ※ ※

 この噺は芝居噺といい、鳴り物など効果音を入れながら進めていくものでした。というのも、元ネタは歌舞伎の心中もの「長町女腹切(ながまちおんなのはらきり)」。もっとも、内容はまったく違うもので、使われているのはお花と半七の名前だけです。落語にはこういう話がいくつもあります。

ラブコメ風からの予想外なスピンオフ


【110年前の地図】主人公・半七の自宅があった「小網町」の様子を見る

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2019/11/191115_miyado_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/11/191115_miyado_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/11/191115_miyado_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/11/191115_miyado_03-150x150.jpeg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画