勇気を出して「推し」の漫画家に会いに行った男性 「いつも読んでます!」と伝えたら、相手は……

東京で暮らし、働く男性たちは、日々何を見て何を思いながら過ごしているのでしょう。イラストレーターでライターのズズズ(zzz)さんが、自身の「何でもない今日」をイラストともに切り取ります。今回のテーマは「創作漫画の祭典」。


創作漫画の祭典 in 東京ビッグサイト

 何かに夢中になっている人は見ていてとても気持ちが良く、幸せになります。

 日曜日、私(ズズズ。イラストレーター、ライター)は東京ビッグサイト(江東区有明)にいました。東京ビッグサイトは仕事の展示会でよく訪れます。平日の殺伐とした雰囲気の中、各社が新製品を発表したり、新規顧客を獲得したりと「仕事」のイメージが強い場所です。

 しかし、初めて見る日曜日の東京ビッグサイトは違いました。

 10~50代くらいの幅広い年齢層の人々が会場の前で楽しそうに会話をし、紙袋にたくさんの本を入れて歩いていました。その顔はみんな充実感があふれています。会場入り口の看板にはこう書かれていました。

COMITIA(コミティア)

東京ビッグサイトで開かれた「COMITIA(コミティア)」に来場(画像:ズズズさん制作)

 コミティアはオリジナルの創作漫画の即売会です。

 コスプレイヤーなどが集まる有名なコミケ(コミックマーケット)は原作のある漫画をアレンジする2次創作がメインですが、こちらのコミティアは1次創作、つまり完全オリジナルの作品が並ぶという違いがあります。

 コスプレはむしろ禁止されており、コミティアの規模はコミケの10分の1くらい。

静かな熱気が充満する会場へ


【画像】支援金「1億円」を突破! 自主制作漫画の祭典とは?

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/05/210529_comitia_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210529_comitia_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210529_comitia_02-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画