時が止まった商店街・台東区「おかず横丁」に見る、素晴らしき看板建築の数々

かつて多くの惣菜店が軒を連ね、看板建築の建物が立ち並んだ台東区鳥越の「おかず横丁」について、都市探検家の黒沢永紀さんが解説します。


20世紀日本の商店建築のスタンダードだった

 JR浅草橋と地下鉄新御徒町駅のちょうど中間くらいの位置にある鳥越本通り商盛会、通称「おかず横丁」(台東区鳥越)。

 昭和の時代に多くの惣菜店が軒を連ね、地元の胃袋を支えた商店街は今、風前の灯です。営業するおかずの店も、ほんの数軒になってしまいました。

 しかし、先の大戦の戦禍を免れた横丁は、都内で最も看板建築が残存する商店街のひとつ。今回は、おかず横丁に残る看板建築の魅力をさぐってみたいと思います。

左衛門橋通りに面したおかず横丁の東端(画像:黒沢永紀)

 おかず横丁に密集する看板建築とは、関東大震災で壊滅的な打撃を受けた東京の右半分を中心に、昭和の初期から建設された商店建築のスタイルです。

 もともと国内の商店は、日本家屋を元にした町家といわれるものがほとんどでした。1階の軒先が2階より突き出し、店の中へ入って商品の品定めをする造りで、今でも酒屋をはじめ、町家造りの商家は数多く残っています。

 震災で廃墟と化した東京は、すぐさま区画整理が行われ、その際に建屋を道に張り出して造ってはいけないという決まりが生まれました。

 その結果、従来の1階が張り出した造りをやめ、なるべく土地を有効利用できるよう、店舗の正面を垂直に立ち上がった造りが普及しました。それまでの主流だった町家造りにかわって、木造建屋の前面を“看板のように”垂直に立てた形で仕上げたのが看板建築です。

 おりしも西洋から、鉄筋コンクリートのビルという新しい建物が伝わり、垂直に立てた店構えの表面を西洋風に仕上げることで、従来の店内で品定めをする形からウインドウ・ショッピングができる形へと変化し、これがその後の路面店舗の原型となりました。

 こうして、従来の商家とはまったく異なる店が建ち並ぶ商店街が誕生したわけです。なお、戦後の復興期も関東大震災後にならって、多くの商店が看板建築で建てられています。看板建築は、20世紀の日本を席巻した、商店建築のスタンダードといえるでしょう。

壁面だけ洋風の「擬洋風商店」も


【地図】美しい看板建築が見られる「おかず横丁」の場所を見る

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2019/11/191113_okazu_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/11/191113_okazu_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/11/191113_okazu_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/11/191113_okazu_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/11/191113_okazu_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/11/191113_okazu_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/11/191113_okazu_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/11/191113_okazu_03-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画