ガーデンプレイスで10万球のイルミ点灯 バカラ初シャンパンバーも

2018年11月3日

お出かけ
ULM編集部

恵比寿ガーデンプレイスのイルミネーションが11月3日から開始されました。恒例のバカラシャンデリアやクリスマスツリーの点灯に加えて、今年は新たにバカラによる世界初のシャンパンバーやシャンデリアの撮影スポットを設置。クリスマスマルシェも開催されています。


2回目のお目見え、250灯に増えたバカラのシャンデリア

 恵比寿ガーデンプレイスの冬の風物詩といえば、クリスマスイルミネーション。恒例となった「恵比寿ガーデンプレイス ウィンターイルミネーション『Baccarat ETERNAL LIGHTS-歓びのかたち-』」が2018年11月3日(土)から2019年1月14日(月)まで開催されます。

シャンパンゴールドにライトアップされたプロムナードの先に、アルミ製ショーケースに入ったシャンデリアが置かれている(2018年11月、宮崎佳代子撮影)
時計広場に設置されているクリスマスツリー(2018年11月、宮崎佳代子撮影)。

 時計広場には高さ約10mのクリスマスツリー、坂道のプロムナードにはシャンパンゴールドを基調とした約10万球のイルミネーション。そしてセンター広場には、ライト総数250灯の豪華絢爛なバカラシャンデリア。一帯は、極上の光の空間が広がっています。

 アルミ製ショーケースの中に吊り下げられたバカラシャンデリアは、1999(平成11)年に恵比寿ガーデンプレイスのクリスマスイベントに初お目見えしました。普段はフランス・ロレーヌ地方にあるバカラ村の同社の工場内に置かれており、イベントの度に船便で送られてきます。

ライト総数が250灯に増えた、バカラの世界最大級のシャンデリア(2018年11月、宮崎佳代子撮影)。

 当然のことながら、この形のまま送られてくるのではありません。解体して50〜60個の木箱に入れて輸送されます。これらを、かつてはバカラの職人たちが来日して組み立てていましたが、今は日本人スタッフによって組み立てられているそうです。アルミ製ショーケースに、吊り下げる根本部分から組み立てていくのですが、約3日かかるといいます。

 サイズは高さ約5m、幅約3m。クリスタルパーツ総数は8472ピースで、重さが約1.8トンあります。約70人の熟練職人がパーツをひとつずつ手作りし、5380時間もの長い時間をかけて完成させました。

 これは、1994(平成6)年のバカラ創立230周年に寄せて制作されたもので、当初は周年の数に合わせてライトの灯数が230灯だったそうです。2014年に新たに20灯が加えられました。総数250灯となって日本にやってきたのは、2017年に引き続き、2回目です。

 シャンデリアは裾に向かって広がってゆくクラシカルな形で、灯りは温もりある色合い。その豪華さはヨーロッパの王宮を彷彿とさせ、下から見上げると、より迫力と芸術性が伝わってきます。

シャンデリアは約70人の熟練職人がパーツをひとつずつ手作りしている(2018年11月、宮崎佳代子撮影)。

 今回、初めての試みとして、会場内に様々なバカラシャンデリアの表情が撮影できるフォトスポットが設置されています。「PHOTO SPOT」と書かれた赤いマークが目印です。

320枚のバカラクリスタルタイルから成るカウンター


New Article

新着記事