バス停だけに残る東京の「失われた地名」 あなたはいくつ覚えてる?

1964年の住居表示の実施で、都内の町名はその多くが消滅しました。その痕跡は現在、バス停などに多く残っています。フリーライターの猫柳蓮さんが解説します。


名前から漂う「ローカルな感じ」

 都内にはかつて、地域の由緒を感じさせる町名が多くありました。しかし、現在では新宿区の牛込エリアなど一部の地域をのぞき、多くの地名が失われています。なぜなら、1964(昭和39)年の東京五輪を契機とした住居表示が実施されたからです。

 住居表示の実施で住所は整理され、郵便配達は便利になり、その地域を訪れたことのない人にとっても、住所はわかりやすくなりました。一方、町名を統合し、同じ町名で1丁目、2丁目と振り分けていったため、由緒ある多くの町名が消えることになったのです。

 それでも旧町名が数多く残っているのが、バスの停留所です。

 例えば、新宿駅近くの甲州街道沿いにある都営バス・小田急バスのバス停は「角筈(つのはず)二丁目」となっています。都営バスだと、新宿西口から新宿車庫前行きに乗車してふたつ目、まだ新宿の街なかですが、バス停の名前は「角筈二丁目」。なんとも、ローカルな感じがします。

「角筈二丁目」バス停(画像:(C)Google)

 角筈は元々、現在の歌舞伎町から新宿駅周辺、西新宿までの広いエリアに存在した町名です。しかし住居表示の実施で、西新宿、歌舞伎町、新宿などに分割され、住所は消滅。ただ、いまだに角筈区民センター(新宿区西新宿)という施設があるので、比較的メジャーな旧町名といえるかもしれません。

東京駅近くにもあった

 東京駅の八重洲口から湾岸方面向かう都営バスに乗車すると、「通り三丁目」というバス停に出会います。

「通り三丁目」バス停(画像:(C)Google)

 東京駅が真正面に見える、東京のメインストリートのような場所のため、こういう名前なのかと思いきや違います。これも旧町名を用いたバス停です。

 このエリアは元々、江戸時代初期に日本橋が架けられて以来「通(とおり)」という町名で呼ばれ、1~3丁目までありました。

「○○通りのような地名は東京のあちこちにあるのでは?」

と思いますが、江戸の中心地だった日本橋を通る道という意味のため、「通」だけで構わないことになったようです。

 その後、日本橋区と京橋区が1947(昭和22)年に合併した際、旧日本橋区は町名に「日本橋」を付けることを決めたため「日本橋通1~3丁目」となりましたが、住居表示の実施で消滅。バス停だけに名前が残ることになったのです。

変わり種の例もアリ


【地図】新宿周辺の地名、現在と全く違っていた!

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/07/210724_bus_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210724_bus_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210724_bus_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210724_bus_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210724_bus_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210724_bus_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210724_bus_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210724_bus_05-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画