日赤の献血ポスター「宇崎ちゃん」が何の問題もないワケ

先日ネット上で大きな話題となった日赤と『宇崎ちゃんは遊びたい!』のコラボキャンペーンについて、ライターの秋山悠紀さんが持論を展開します。


萌え絵は環境型セクハラなのか

 日本赤十字社(以下、日赤。港区芝大門)と人気コメディ漫画『宇崎ちゃんは遊びたい!』(KADOKAWA)がコラボレーションしたキャンペーンが物議を醸しています。問題となっているのは、ウェイトレスと思しき同漫画のヒロイン“宇崎ちゃん”が描かれているイラスト。

「宇崎ちゃんは遊びたい!」との血液センターコラボイメージ(画像:アニメイトホールディングス)

 着用している黒シャツの胸元は、その形がくっきりわかるほど大きな胸が強調されており、逆への字に曲がった“困り眉”に潤んだ瞳、八重歯というルックスをしています。そして吹き出しには「センパイ、まだ献血未経験なんスか?ひょっとして注射怖いんスか?」というセリフ。

 このイラストに対し、弁護士の太田啓子さんがツイッター上で2019年10月14日(月)、「本当に無神経。なんであえてこういうイラストなのか。公共空間で環境型セクハラをしているようなもの」と批判したことから瞬く間に情報が拡散。このキャンペーンや表現の自由などに対する反対派と賛成派の意見が対立している状況となりました。

「公共の場にふさわしくない」の声

 補足すると、このイラストは献血をしてもらうために公共空間に貼りだすポスターとして新たに書き下ろされたものではありません。日赤が実施しているプレゼントキャンペーン内で献血に協力した人がノベルティとしてもらえるクリアファイルに描かれたイラストで、同漫画第3巻の表紙がそのまま使われた形となっています。

 これまでも幾度となく、男女のあらゆる性差に関する事象を扱った広告ポスターや企業CMが批判や炎上を繰り返していることは多くの人が知っていることでしょう。

 今回の件についてツイッター等で批判意見を見ても、例によってイラスト自体が明らかに“性的”であることと、そうした“性的”極まりないイラストが日赤という社会性が求められる公共機関によってコラボされたこと、そしていわゆる“萌え絵”によく見られるとされる、女性や女性の体そのものを“物扱い”しているかのような表現への反対意見が数多く出ました。

 一方で、「キャンペーンのターゲットがアニメを好む若い男性層なのだから問題ないだろう」「巨乳の女性を“性的で公共の場にふさわしくない”と言うのは、胸の大きな女性の肉体自体を否定しているのでは?」「表現の自由だ」といった指摘も多く見られました。

性的なメッセージとは


この記事の画像をまとめて見る

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2019/10/191025_uzaki_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/10/191025_uzaki_03-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画