大人は理解不能? 若者にひそかなブーム、インスタ使った「#にんじんリレー」とは何か

新型コロナウイルス感染拡大による外出自粛が続くなか、「Z世代」と呼ばれる若者の間でひそかに流行している「#にんじんリレー」をご存じでしょうか。上の世代にとっては、なかなかにジェネレーションギャップを感じさせられるこの遊び、Z世代のトレンドを分析する「Z総研」の道満綾香さんが背景も含めて解説します。


スマホで「にんじん」の絵を描く遊び?

 新型コロナウイルスの世界的感染拡大によって外出自粛が強いられるなか、日本(特に東京)の若者の間でひそかに流行している「#にんじんリレー」という遊びをご存じでしょうか?

「#にんじんリレー」とは、定番SNSの「Instagram(インスタグラム)」にある「ストーリーズ」(24時間で消える短尺動画機能)を使って行うリレー式のお絵かきのことで、「#にんじんチャレンジ」とも呼ばれています。

 友人・知人から自分のところに指名が回ってきたら、指名してくれた人のストーリーズのスクリーンショット画像を画面左上に貼り付けて、お絵かき機能でにんじんの絵を描き加え、次に描いてほしい人を指名。ストーリーズを投稿します。

 こうして、にんじんの絵が次々とリレーのように連なっていく様が面白いと、日本の「Z世代(1996~2012年に生まれた若者たち)」の間でちょっとしたブームになっているのです。

Z世代の間で流行している「#にんじんリレー」という遊び。あなたはご存じでしたか?(画像:Z総研)

「#にんじんリレー」がなぜにんじんだったのかは定かではありませんが、描く絵は今やにんじんだけにとどまらず、ドラえもんやミッキーマウスなどの人気キャラクター、自分自身の幼少期の写真や絵しりとりなど、さまざまなものに派生していっています。

 Instagramのストーリーズのお絵かき機能は想像以上に扱いづらいため、うまく描けず妙に味わい深い絵に仕上がってしまったり、反対に機能を使いこなして驚くほど上手な絵を描く人がいたりと、その絵柄はさまざま。

 お絵かきというシンプルな遊びは意外にも没入感が高く、ちょっとした暇つぶしになるのかもしれませんが、それにしても、「#にんじんリレー」がここまでの広がりをみせた理由は何なのでしょうか。

ハードルの低さと、参加型の楽しみ


【調査】2020年3月、若者の流行ワード1位「新型コロナ」、3位は「You Tube」、2位は?

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2020/04/200409_carrot_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/04/200409_carrot_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/04/200409_carrot_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/04/200409_carrot_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/04/200409_carrot_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/04/200409_carrot_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/04/200409_carrot_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/04/200409_carrot_03-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画