今よみがえる開高健と「昭和」の記憶――没後30年、杉並「開高健記念文庫」を訪ねて

作家・開高健の死から2019年12月で30年がたちます。そして、2020年は生誕90年という節目も迎えます。「今こそ開高健に関する著作を手に取り、偉大な足跡をなぞってみてほしいほしい」とイベントプロデューサーのテリー植田さんが熱く語ります。


「森羅万象に多情多恨たれ」

 イベントプロデューサーのテリー植田です。イベントプロデューサーとして一番大切にしていることは好奇心です。この好奇心について著作やテレビのドキュメンタリー番組などを通じて教えてくれたのが、作家でありサントリーのコピーライターであった開高健です。

 小説、ルポルタージュ、釣り紀行文、酒と食、ベトナム戦争、モンゴルなどありとあらゆる文化を凝視し、それを珠玉の言葉で表現した多くの作品を、開高健は残してくれました。

 体験型の偉大なる表現者。残念ながら今の若い人たちには名前すら知られていないかもしれません。この好奇心についての開高健の言葉「森羅万象に多情多恨たれ」(週刊プレイボーイ編集部に贈った生き方心得である「編集者マグナ・カルタ九章」から)は、今も胸に刻む大切な言葉です。つまり興味がないものにこそ、もっと好奇心を持って生きようと。

 2019年は開高健の没30年、2020年は誕生90年のメモリアルイヤーになります。今こそ、彼の足跡を振り返ってみたいと思います。

杉並区井草の「開高健記念文庫」には、開高の関連本がびっしりと並んでいる(画像:テリー植田)

 壽屋(ことぶきや、現サントリー)宣伝部のコピーライターにして芥川賞作家。26歳でネズミ大量発生をモチーフに人間の欲望を描いた小説「パニック」(1957年)を発表し一躍文壇の注目を浴び、翌1958(昭和33)年には「裸の王様」で第38回芥川賞を受賞しました。

 1964(昭和39)年オリンピック開催時に『ずばり東京』を刊行した後、朝日新聞社臨時海外特派員としてベトナム戦争に従軍、『ベトナム戦記』『輝ける闇』『青い月曜日』『夏の闇』を刊行し、文学界に大きな足跡を残しました。

 世界中を巡った釣り紀行『オーパ!』(1978年、写真・高橋昇)のほか、グルメの寄稿も数知れず。「何も足さない。何も引かない。」という、金字塔とも言えるサントリー山崎のコピーライティングは、お酒を飲まない人でも知っているはずです。

 この名コピーの影響で僕は、広告やTVCMの世界に入りたいと強く思うようになりました。僕が開高健を読み始めたのは1986(昭和61)年ごろ。中学3年生でした。週刊プレイボーイを買ってはグラビアのページを眺めた後は、開高健の「風に訊け」を読むのが楽しみだったのです。今思うと、よく中学3年生で開高健が好きになったなァ、と自分で自分に感心するのです(この頃、音楽では「プリンス」に没頭していました)。

昭和の東京五輪を活写した著作


【画像】文豪の肉筆ってどんな感じ? 意外とかわいい丸文字に思わず胸キュン

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2019/11/191129_ken_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/11/191129_ken_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/11/191129_ken_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/11/191129_ken_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/11/191129_ken_03-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画