子どもが英語を学ぶ環境に「地域間格差」がなくなりつつある理由

2020年度の小学校での英語教科化を受け、関連市場が活性化しています。それにともない、首都圏と地方における英語の教育環境の差は縮まっているようです。ライターで元塾講師の中山まち子さんが解説します。


近年、小学校の英語授業数の増加

 2020年度から公立小学校の5年、6年生は英語が教科化され、通知表に成績がつけられます。移行期間の2018年度から英語授業を増やしている学校は増えており、筆者の子どもたちが通う小学校も、3年前と比べて授業数が増加しています。

子どもが英語を勉強するイメージ(画像:写真AC)

 またそれと同時に、大都市圏と地方の英語を学習する環境差もなくなりつつあるのです。いったいなぜでしょうか。今回は、その理由を探っていきましょう。

地方の教育熱心な親は英語に力を入れる

 中学受験が珍しかったり、少なかったりする地方で、教育熱心な家庭は子どもに英語を学ばせようとする傾向があります。首都圏と比べて時間に余裕ある小学生時代を送れるため、その分英語に力を入れられるからです。幼少期から英語力を高め、中学以降の勉強で余裕を持てるようにと考えたり、「英語ができると就職時に役立つ」と教育熱心な親は考えたりしています。

 また2020年度から始まる新学習指導要領が、英語の教育熱にさらなる拍車をかけています。英語の授業は小学校3年生から開始。そのため、「早い段階から英語を」と子どもを英会話教室に通わせたり、公文や学研で勉強させたりするなど、子どもが英語でつまずかないように先手を打っているのです。「どこの英会話教室の評判がよく、安くてお得か」といった情報が、親たちの間で頻繁にやり取りされています。

英会話教室の地方浸透、オンライン英会話時代


【子育てで後悔しないために】9割以上の親が「子どもに資格取得や手に職をつけてもらいたい」と回答! 親が将来のためにできることとは?

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2019/09/190925_juku_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/09/190925_juku_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/09/190925_juku_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/09/190925_juku_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/09/190925_juku_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/09/190925_juku_03-150x150.jpg

New Article

新着記事