都立中高一貫校「高校募集停止」の衝撃 受験も結局「カネ次第」なのか?

近年、高校受験ができない都立学校の完全中高一貫化が進んでいます。そのメリットとデメリットについて、教育ジャーナリストの中山まち子さんが解説します。


高校からの入学募集停止が招くもの

 東京都内の難関私立学校は完全中高一貫である学校が少なくありませんでした。現在、その動きはさらに加速しています。

 男子校の本郷中学校・高等学校(豊島区駒込)は2021年度入学者試験から、女子校の豊島岡女子学園(豊島区東池袋)は2022年度入学者試験から、高校での生徒募集停止を決定しました。

 都内の難関私立学校で高校入試を実施しているのは、早稲田大学(新宿区戸塚町)や慶応義塾大学(港区三田)といった有名私立大学の付属校や系列校が中心。そのほかで例外なのは開成中学校・高等学校(荒川区西日暮里)くらいです。

 完全中高一貫校化は、6年間という長い時間をかけて生徒を育てたいという学校側の思惑や、先取り学習ができる分、進学実績で結果を出しやすいメリットがあります。

 一方、高校からの入学募集を停止するため、

・中学受験の激化
・通塾の低年齢化

の懸念だけでなく、家庭の経済力によって子どもの進路が早く決まってしまう恐れがあります。

 そんななか、学費面などから人気を集める都立の中高一貫校も、近年は高校からの入学募集を停止する動きがあり、波紋を広げています。

公立学校でも完全中高一貫校化へ


【事前に要チェック】東京都の「公立小学校の児童数」「公立中学校の生徒数」の推移

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/06/210611_chugaku_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210611_chugaku_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210611_chugaku_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210611_chugaku_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210611_chugaku_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210611_chugaku_04-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画