5分でわかる「保活のリアル」 深刻な待機児童問題、あなたはいつ気づく?

待機児童問題がなかなか解消されません。保育園に入るための活動、いわゆる「保活」の厳しい実態とはどのようなものでしょうか。保育園で勤務経験があり、自身も子育て中のライター 秋山悠紀さんが解説します。


東京の保育園利用者は増えている

 2018年7月に東京都が発表した資料によると、2018年4月1日時点で、都内における保育サービス利用児童数は、前年から1万6059人増の29万3767人でした。保育園利用者が増えるなか、待機児童(子育て中の保護者が保育所または学童保育施設に入所申請をしているにもかかわらず入所できず、入所待ちしている児童のこと)の数は、5414人。待機児童数が多い区市町村は、世田谷区が486人、江戸川区が440人、目黒区が330人となっています。

昨今、待機児童の解消が急務になっている(画像:写真AC)

 待機児童の解消が急務になっている昨今。働くためには子どもを保育園に入れなければならないわけですが、その保育園に入園するために行う諸々の活動「保活」は、妊娠中からすでに始まっているともいわれています。

「保活は大変だといわれているけれども、具体的な実態がよくわからない」という人も少なくないはず。そこで、東京における保活について解説します。

点数で測られる「保育の必要性」とは?

 保育園はそもそも、子どもを家庭で養育することが難しい場合に入れる保育施設です。保活は会社に勤務している母親だけに該当するものだと思われがちですが、本来は働いていなくても、介護や求職中といった理由で保育園に入園させることができます。

 そして現在は、働く女性の増加に伴い、保育園に入園できる子どもの数よりも保護者が保育園に預けたい子どもの数の方が上回っています。これが待機児童問題です。そのため、待機児童の多い都心部において、保育の必要性が高くなければ保育園に入園することが難しくなっています。

 この保育の必要性の高さを決めるのが、選考指針となる「点数」です。点数は各自治体によって基準は細かく異なりますが、たいていの場合、保護者の状況に応じた「基礎(基準)指数」と個々の状況に応じた「付加(調整)指数」があります。

 20~50点などの大きな点数がもらえる基礎項目では主に、月の労働時間や自宅外なのか自宅内なのか、障害や疾病の重さ、どのくらい付き添いが必要な介護状況なのか、といったことが問われます。多くの自治体で、自宅外で週40時間以上、もしくは月160時間以上労働しているようなフルタイム勤務だと最も高い点数になります。

0.1点の差で入園できるかできないかが決まってしまう


【調査結果】子連れ出勤、アリ?ナシ?

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2019/05/190531_hokatsu_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/05/190531_hokatsu_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/05/190531_hokatsu_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/05/190531_hokatsu_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/05/190531_hokatsu_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/05/190531_hokatsu_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/05/190531_hokatsu_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/05/190531_hokatsu_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/05/190531_hokatsu_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/05/190531_hokatsu_01-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画