飲食店で働く人がイラッとするシチュエーションを描いた漫画「とはいえ、客からも言いたいことがある!」

東京在住50余年のイラストレーター・前野コトブキさんが、東京をテーマにさまざまな作品を描きます。


「ユーモア」と「アイデア」さえあれば

 前野コトブキさんは東京在住50余年のイラストレーターで、これまでにビジネス書籍からテレビ番組内のフリップイラストまで幅広く手掛けてきました。会社員時代からのダブルワークを含めるとその歴は25年。そんな前野さんが描くアーバンライフメトロ・オリジナル4コマ漫画。今回のテーマは「イラッとするシチュエーション」です。

前野コトブキさん自身の体験を基に描いた漫画のカット(前野コトブキさん制作)

――前野さん、今回の作品を作った背景を教えてください。

 何気なく言ったりやったりすることが、人を意外に不愉快にしているんだなと思うことがあって描きました。

――前野さんは「いつもの~」系のお客さんを、よく見るのでしょうか。

 たまに見かけますね。相手との会話のひとつとして言っているのであれば、問題ないと思います。

――しかし、お酒が入っていると「同じの!」とつい言ってしまわないでしょうか。

 言っちゃいますね! 結局、自分も何を飲んでるのかわからなくなっているんでしょうね……。

――前野さんは、体型だけでよく判断されるのでしょうか。

 そうでもないですが、勘ぐってしまいたくなることはあります(笑)。ほかにもありますが、いずれマンガにするので今は言いません!

――「良かれと思って」というのは、難しいですよね。相手を攻められません。

 良かれと思ってなかったら、最悪ですけどね(笑)。

――コミュニケーションはどのようにしたら、上手くいくのでしょうか。

 忙しくてもイライラせずに、ユーモアとアイデアさえあれば円滑な関係が築けると思います。

――飲食店で働く店員さんにひとこと!

 いつもお仕事お疲れ様です。「同じの!」って言っても許してください(笑)。

――漫画の読者にひと言お願いします。

 皆さん、気をつけましょうね~(笑)


【画像】漫画を読む

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2019/09/190913_jouren_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/09/190913_jouren_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/09/190913_jouren_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/09/190913_jouren_04-150x150.jpg

New Article

新着記事