大田区vs江東区の「領土争い」決着から9か月 両区が付けた新たな町名を知っていますか?

お台場の南にある埋め立て地「中央防波堤(中防)」をめぐる大田区と江東区の分割が決定したのは2019年秋。あれから約9か月が過ぎ、それぞれの区の新住所が決定しました。フリーランスライターの小川裕夫さんが解説します。


約500haの埋め立て地をめぐる争い

 7番目の副都心として開発された13号埋め立て地、いわゆるお台場の南には中央防波堤(中防)と呼ばれる埋め立て地があります。

 面積が約500haにもおよぶ広大な中防は、長らくどの区にも属さない、帰属未定地でした。

 歴史的な経緯から、中防は多くの区が帰属を主張してきました。最終的に、中防の帰属は大田区と江東区の2区に絞られましたが、そこから帰属が決まるまでには長い歳月がかかりました。

約40年にわたる紛争は2019年に決着

 中防の帰属が決まらなかった理由は、大田区・江東区ともに主張を譲らず、話し合いは平行線をたどったからです。いつまでたっても決着がつかない中防の帰属は、2017年に東京都紛争処理委員の裁定に委ねられました。

 東京都自治紛争処理委員が出した結論は、約500haのうち大田区が13.8%、江東区が86.2%の割合で分割するという案でした。

最終的に決着した中防の帰属(画像:ULM編集部)

 しかし、これで一件落着とはいかず、中防の帰属争いは司法に舞台を移します。2019年9月、東京地裁は大田区20.7%、江東区79.3%という案を提示。大田区・江東区の両区は、この案を受け入れて中防の領土争いは終結します。

 埋め立て地の帰属が決まったことで、大田区・江東区ともに区域が広がりました。その土地を開発するべく、行政が手始めにやらなければならないことが、住所を決定することです。

新住所、大田区は「令和島」


【最新調査】東京の賃貸マンション、いくらあれば住める? 家賃が軒並み値上がり中(画像資料3ページ)

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2020/06/200609_chubo_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/06/200609_chubo_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/06/200609_chubo_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/06/200609_chubo_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/06/200609_chubo_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/06/200609_chubo_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/06/200609_chubo_04-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画