【ベストヒット23区】爆風スランプ『大きな玉ねぎの下で』――築55年の日本武道館がいい感じに老けてきた 千代田区

人にはみな、記憶に残る思い出の曲がそれぞれあるというもの。そんな曲の中で、東京23区にまつわるヒット曲を音楽評論家のスージー鈴木さんが紹介します。


音楽街、オフィス街、官庁街を内包

 音楽評論家のスージー鈴木です。今回からこのアーバンライフメトロにて、「ベストヒット23区」というテーマの連載を始めさせていただきます。

 東京23区、それぞれにまつわるヒット曲を紹介していきます。「23区すべてにヒット曲が見つかるのか?」「北区や江戸川区にまつわるヒット曲は果たしてあるのか?」などの不安はありますが、見切り発車します。どうぞよろしくお願いします。

『大きな玉ねぎの下で』の舞台となった、千代田区北の丸公園にある日本武道館(画像:写真AC)

 さて初回は、23区の中で東京の中心である千代田区から始めます。皇居を中心とした、まさに東京の心臓部のような区。官公庁やオフィス街のイメージが強く、その分、音楽のニオイをあまり感じない区でもあるのですが……。

 それでも、皇居の北側の半蔵門から神保町、御茶ノ水、秋葉原あたりの地図を眺めていると、心に音楽が流れてきます。半蔵門と言えば、日本FMラジオ界の総本山である「TOKYO FM」を運営するエフエム東京の本社ビル(麹町1丁目)があります。私事ですが1988(昭和63)年に、初めてラジオ出演した場所として思い出深いところです。

 なお神保町は中古レコード屋のメッカ、御茶ノ水にかけての楽器屋街、そして秋葉原は言うまでもなく今やアイドル発祥の地です。

 皇居の北側に点在する音楽のニオイが立ち込めるエリアから、丸の内のオフィス街、霞が関の官庁街まで、併せて飲み込んでいるのが、「東京の心臓部 = 千代田区」の奥深さなのです。

日本のロックバンドの憧れの地となった武道館


【調査結果】首都圏のサラリーマン400人に聞いた! 「上司とのカラオケが苦手な理由」と「その攻略法」を徹底分析。出世する男はカラオケ上手って本当?

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2019/08/190829_budokan_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/08/190829_budokan_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/08/190829_budokan_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/08/190829_budokan_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/08/190829_budokan_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/08/190829_budokan_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/08/190829_budokan_11-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/08/190829_budokan_12-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/08/190829_budokan_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/08/190829_budokan_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/08/190829_budokan_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/08/190829_budokan_04-150x150.jpg

New Article

新着記事