かつては超高層ビル裏に木造民家……「西新宿」は四半世紀でどう変わったのか?

絶えず大規模な開発工事が行われてきた東京は、昭和、平成、令和と目まぐるしく街の風景を変えてきました。中でも特に著しい変貌を遂げた街のひとつ、西新宿。ライターの野村宏平さんが実際の街を歩き、その歴史をたどります。


大変貌を遂げた西新宿

 超高層ビル街として知られる西新宿は、半世紀以上に渡ってつねに大規模な工事がおこなわれてきたエリアです。東京のなかでもっとも大きく変化したまちのひとつといってもいいでしょう。

 西新宿が激変する大きな契機となったのは、1960(昭和35)年に決定した「新宿副都心計画」でした。都心部への過集中を避けるため西新宿一帯を整備・再開発し、副都心として育成強化するというのが、その骨子です。

1997年(左)と2021年(右)の西新宿6丁目。東京医大病院脇の路地から新宿グリーンタワービルを望む。かつて、ここには2本の路地が並行していたのだが、再開発で1本の道にまとめられた(画像:野村宏平)

 対象区域とされたのは、現在の西新宿1丁目・2丁目・6丁目の全域と3丁目の東半分──東を山手線、西を十二社(じゅうにそう)通り、南を甲州街道、北を青梅街道に囲まれた扇形のエリアでした。

 これに基づき、1丁目にあたる新宿駅西口では地下駐車場建設など駅前広場周辺の整備が始められました。いっぽう、2丁目にあった巨大な淀橋浄水場の機能を東村山へ移し、跡地を造成する工事が始まります。そしてそこに、1971年の京王プラザホテルを皮切りとして、超高層ビルが次々と建設されていったわけです。

 1970年代までの再開発は1丁目と2丁目が中心で、周辺地域にはさほど大きな影響はありませんでした。西新宿といっても、3丁目から8丁目は木造民家やモルタルアパートが密集する住宅地で、路地のあいだに洗濯物がたなびき、夕餉の香りが漂う庶民的な生活空間だったのです。

バブル崩壊が生んだ特異な光景


【比較写真】激変? 24年前と現在の西新宿

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/04/210403_westshinjuku_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/210403_westshinjuku_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/210403_westshinjuku_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/210403_westshinjuku_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/210403_westshinjuku_11-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/210403_westshinjuku_12-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/210403_westshinjuku_13-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/210403_westshinjuku_14-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/210403_westshinjuku_15-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/210403_westshinjuku_16-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/210403_westshinjuku_17-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/210403_westshinjuku_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/210403_westshinjuku_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/210403_westshinjuku_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/210403_westshinjuku_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/210403_westshinjuku_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/210403_westshinjuku_06-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画