こんなに暑くて五輪開催できる? 灼熱都市「東京」を冷やす都の秘策に迫る

2020年の五輪開催を控え、熱中症などの健康被害を参加選手に引き起こすとして、ヒートアイランド現象の緩和策に注目が集まっています。いったい都ではどのようなことに取り組んでいるのでしょうか。フリーランスライターの小川裕夫さんが解説します。


都市の緑化は「一挙両得」の政策

 35度を超える猛暑日が続く中、甲子園球場では今年も高校球児たちが熱戦を繰り広げています。その一方で近年、地球温暖化やヒートアイランド現象から昼間の屋外での運動を控えるよう配慮の声が上がっています。

 そうした世間の流れを受け、甲子園大会では給水タイムや休養日が設定されるようになり、もっとも気温が上がる時間帯には、試合をせずに昼休みにあてるといった措置なども講じられるようになりました。将来が有望な高校球児の身体を酷使させない心遣いは、時代の流れといえます。

ヒートアイランド現象に見舞われた東京のイメージ(画像:写真AC)

 しかし2020年に開催される東京五輪は「アスリートファースト」を謳いながらも、炎天下の競技への配慮が欠けていると指摘されています。もっとも心配されているマラソン競技は、早朝スタートで対応するようです。

 また、競技者と一緒に大会を盛り上げる観戦者は、冷房設備がない灼熱のスタジアムで応援することになります。東京五輪の暑さ対策は、後手に回っていると言わざるを得ません。

 東京都や国土交通省、環境省は少しでもヒートアイランド現象を緩和しようと、これまで対策を講じてきました。緩和策のひとつとして、特に力を入れているのが「緑化」です。

 アスファルトやコンクリートで覆われている面積が広い東京は、太陽の熱がこもりやすく、それが気温を上昇させる原因となっています。緑や土を増やすことで、ヒートアイランドの緩和効果が生まれるのです。

 東京ではアスファルト舗装の道路を土へと戻すことは、道路交通の観点や砂埃による被害が出るため非現実的です。その代替案として緑化が推進されるわけですが、都市の緑化は気温を下げる以外に、副次的な効果も見込めます。そのため、一挙両得の政策として行政は積極的に緑化に取り組むようになりました。

「公開空地」という魔法のような制度


【写真】緑化対策は、都電荒川線の軌道内でも取り組まれている

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2019/08/190819_heat_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/08/190819_heat_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/08/190819_heat_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/08/190819_heat_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/08/190819_heat_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/08/190819_heat_04-150x150.jpg

New Article

新着記事