インスタ映えだけじゃない! 若者に今「クリームソーダ」が大人気なワケ

人々に古くから愛されているクリームソーダ。そんなクリームソーダが近年、SNS世代から注目を浴びています。いったいなぜでしょうか。文教大学国際学部准教授の清水麻帆さんが解説します。


明治時代から愛されたクリームソーダ

 現在、10代から20代までの人たちの間でじわじわと人気となっている飲み物があります。それは、クリームソーダです。台湾発のタピオカミルクティーのような爆発的な人気ではありませんが、数年前から広がりをみせています。

 昭和生まれの筆者(清水麻帆、文教大学国際学部准教授)も子どものころ、親によく連れられて飲んだ記憶があります。クリームソーダの定番といえば、緑色の炭酸にバニラアイスクリームが添えられ、ちょこんとサクランボが乗ったもの。ホテルのラウンジなどで提供される豪華なクリームソーダともなると、ブルーの炭酸に豪華な飾りやフルーツが添えられてた、南国風のカクテルをイメージさせるものもあります。

千代田区神田神保町にある喫茶店「さぼうる」のクリームソーダ(画像:清水麻帆)

 クリームソーダの歴史は古く、明治時代から。その発祥は、資生堂パーラー(中央区銀座)の前身にあります。

 1902(明治35)年、資生堂薬局内にソーダ水とアイスクリームの製造と販売を行う「ソーダファウンテン」という店名で創業したことが始まりで、当時はアイスクリーム自体も珍しく、クリームソーダは最先端のものでした。そうした目新しい食べ物が東京で人気となり、全国へと広がっていったと考えられます。

 その後、1928(昭和3)年から西洋料理のレストランとして営業を開始。このとき、知名度の高かった「アイスクリーム」を店名に入れて「資生堂アイスクリームパーラー」という店名になりました。

 資生堂パーラーの歴史からも、当時からアイスクリームは知名度もあり、人気が高かったことが伺えます。なんと持ち帰り用のアイスクリームポットまであったそうです。なお現在の資生堂パーラーでも、クリームソーダはメニューの1品として提供されています。

3か月以内に飲んだことある人が半数以上


【画像】梅酒カクテル専門店で販売していた「変わり種クリームソーダ」を見る

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/01/210101_cream_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/01/210101_cream_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/01/210101_cream_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/01/210101_cream_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/01/210101_cream_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/01/210101_cream_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/01/210101_cream_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/01/210101_cream_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/01/210101_cream_04-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画