ビールなのに自分好みにカスタマイズ!?“割って飲む”ビールが注目される理由とは

  • ライフ
  • 中づり掲載特集
ビールなのに自分好みにカスタマイズ!?“割って飲む”ビールが注目される理由とは

\ この記事を書いた人 /

アーバンライフメトロ編集部のプロフィール画像

アーバンライフメトロ編集部

編集部

ライターページへ

ビールは缶やサーバーからグラスに注ぎ、そのまま飲むもの。そんな常識を根底から覆す、新たなビールが誕生しました。それが、サントリーの「ビアボール」。飲む時はビールを炭酸水で割り、お好みの濃さで楽しめるというもの。なぜ、このような商品が開発されたのでしょうか。そして、飲食店での反応は。サントリーの開発担当者と、先行販売を実施している「がブリチキン。高田馬場店」の運営会社に話を聞きました。

この画像の記事を読む

関連記事