広島原爆投下76年――爆心地から680km離れた東京に「被爆アオギリ二世」が植えられるまで

8月6日は「広島原爆の日」。戦争の惨禍や平和の意味についてあらためて思いを致す日です。そのきっかけのひとつとなるのが、東京など各地に植えられている「被爆アオギリ二世」の木。その歴史をチアライターの成田愛恵さんが辿ります。

/wp-content/uploads/2021/08/210805_hiroshima_05.jpg
東京・国立市で育つ「被爆アオギリ二世」(2021年8月5日、ULM編集部撮影)
/wp-content/uploads/2021/08/210805_hiroshima_06.jpg
東京・国立市で育つ「被爆アオギリ二世」(2021年8月5日、ULM編集部撮影)
/wp-content/uploads/2021/08/210805_hiroshima_07.jpg
東京・国立市で育つ「被爆アオギリ二世」(2021年8月5日、ULM編集部撮影)
/wp-content/uploads/2021/08/210805_hiroshima_08.jpg
2019年3月13日撮影、広島・平和記念公園の被爆アオギリ。落葉樹のため冬の間は葉を落とし、春にまた芽吹きを迎え、夏、青々とした葉を茂らせる(画像:成田愛恵)
/wp-content/uploads/2021/08/210805_hiroshima_01.jpg
東京・国立市で育つ「被爆アオギリ二世」(2021年8月5日、ULM編集部撮影)
/wp-content/uploads/2021/08/210805_hiroshima_02.jpg
1996年、世界文化遺産に登録された広島市の原爆ドーム(画像:写真AC)
/wp-content/uploads/2021/08/210805_hiroshima_03.jpg
平和記念公園内にある、被爆したアオギリ(画像:写真AC)
/wp-content/uploads/2021/08/210805_hiroshima_04.jpg
2020年8月6日撮影、おりづるタワー展望階から見た平和記念公園と原爆ドーム(画像:成田愛恵)

この画像の記事を読む

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画
×